食餌性プロリンの急性欠如がラットの腎アミノ酸代謝に及ぼす影響 Influence of Acute Deprivation of Dietary Proline on Amino Acid Metabolism in the Rat Kidney

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

プロリン欠如食餌をラットに給与し, 絶食時のラットに認められる低レベルの血漿プロリン濃度を生じさせた。その状態の血漿アミノ酸濃度と腎静脈血流量を測定し, 腎でのアミノ酸代謝の動態を検討した。<BR>1) プロリン欠如食餌の摂食後8時間でプロリン欠如食餌区の頸動脈血漿プロリン濃度は, 対照食餌区より顕著に有意に低い値を示し, これは対照区の絶食時でのプロリン濃度と同レベルの低濃度であった。<BR>プロリンの動脈腎静脈差の結果より, 摂食後8および16時間で, 対照食餌区においては腎でのプロリンの取込みが示され, プロリン欠如食餌区ではプロリンの放出が明らかになった。<BR>2) 8時間でのアルギニンの動脈腎静脈差と腎における正味のアルギニン放出量の結果より, プロリン欠如食餌区の腎からのアルギニン放出量は対照食餌区より有意に低い値を示した。16時間でのプロリン欠如食餌区の血漿アルギニン濃度は, 対照食餌区より有意に低い値を示した。また, 頸動脈血漿プロリン濃度とアルギニンの動脈腎静脈差との間で, 有意に高い負の相関係数が明らかになった。<BR>以上の結果より, 血漿プロリン濃度が絶食時と同レベルの低い値の場合は腎からのプロリンの放出が認められ, 腎のプロリン供給臓器としての機能が示された。また, 食餌性プロリン欠如により, 動物の成長に重要なアミノ酸として知られるアルギニンの腎からの放出量の低下を一過性で誘発するこ, とが示され, 血漿アルギニン濃度の低下を招くことが示唆された。これは摂食後8時間で顕著に現れた。

A proline-deficient (PD) diet was fed to rats to attain the same proline concentrations in blood plasma as those in fasting animals. Plasma amino acid concentrations in the carotid artery and renal vein (arteriovenous difference), and renal vein blood flow were measured. The findings suggest that, with a control diet, renal proline uptake occurs when the carotid arterial proline concentration is higher than when fasting, and with a PD diet, renal proline release occurs when the plasma proline concentration is equal to that during fasting. Eight hours after feeding, a high negative correlation existed between the arteriovenous difference of arginine concentration and the plasma proline concentration in the carotid artery (γ=-0.816, p<0.01). The above findings suggest that the release and uptake of proline by the kidney depend on the carotid arterial proline level, and that renal arginine release, which is vital for normal growth, decreases temporarily in response to dietary proline deprivation.

収録刊行物

  • 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science

    日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science 48(4), 277-282, 1995-08-10

    Japan Society of Nutrition and Food Science

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

  • <no title>

    ADAMS E.

    Int. Rev. Connect. Tissue. Res. 5, 2, 1970

    被引用文献1件

  • <no title>

    SUGIMURA K.

    Z. Tiephsiol. Tiereniihr. Futterrnittelkde. 48, 212, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    HERZFELD A.

    Biochem. J. 166, 95, 1977

    被引用文献1件

  • <no title>

    SMITH R. J.

    Metabolism 27, 6, 1978

    被引用文献1件

  • <no title>

    石川栄治

    化学と生物 10, 831, 1972

    被引用文献1件

  • <no title>

    石川栄治

    蛋白質 核酸 酵素 19, 191, 1974

    被引用文献1件

  • <no title>

    AIKAWA T.

    J. Biochem. 74, 1003, 1973

    被引用文献1件

  • <no title>

    ROGERS Q. R.

    J. Nutr. 87, 267, 1965

    被引用文献1件

  • <no title>

    YOUNG V. R.

    J. Mdr. 96, 21, 1968

    被引用文献1件

  • <no title>

    EBIHARA K.

    J. Nutr. 109, 2106, 1979

    被引用文献2件

  • <no title>

    YAMAMOTO H.

    Am. J. Physiol. 226, 1428, 1974

    被引用文献1件

  • <no title>

    DHANAKOTI S. N.

    Am. J. Physiol. 259, E437, 1990

    被引用文献2件

  • <no title>

    WINDMUELLER H. G.

    Am. J. Physiol. 241, E473, 1981

    被引用文献1件

  • <no title>

    BROSNAN J. T.

    Can. J. Physiol. Pharmacol. 65, 2355, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    FEATHERSTON W. R.

    Am. J. Physiol 224, 127, 1973

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008562725
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00311992
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02873516
  • NDL 記事登録ID
    3631946
  • NDL 刊行物分類
    SC226(衛生学・公衆衛生--食品衛生・栄養学)
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-53
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ