ラットのガラクトサミン肝障害ならびに四塩化炭素肝障害に及ぼす各種タンパク質の投与効果 Effects of Several Dietary Proteins on D-Galactosamine Hepatitis and Cirrhosis of the Liver Induced by Carbon Tetrachloride in Rats

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

4週齢 (体重50~60g) のWistar系雄ラツトを用い, 各種タンパク質 (カゼイン (C), 卵白 (E), ツェイン (Z), 小麦グルテン (G)) の混合食がガラクトサミン肝障害ならびに四塩化炭素肝障害に及ぼす影響を血漿トランスアミナーゼ (グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ (GOT), グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ (GPT)) 活性値および血漿MR比 (遊離分枝鎖アミノ酸濃度/遊離芳香族アミノ酸濃度) を指標に検討した。<BR>1) 各種飼料をラットに14日間与えて飼育し, 14日目にD-ガラクトサミン塩酸塩溶液 (800mg/kg体重) をラットの腹腔内に注射し, 20時間後に解剖した。小麦グルテンを含んでいる (E10%+G10%, E20/3%+G20/3%+Z20/3%) 群は, ガラクトサミン投与による血漿GOT活性の上昇を, 対照群 (E20%) に比し有意に抑制したが (p<0.05), MR比は各群間に有意差は認められなかった。<BR>2) 四塩化炭素のオリーブ油溶液 (50%v/v) を背部皮下に週2回11週間注射 (1ml/kg体重) して四塩化炭素肝障害ラットを作成し (その間は市販固形飼料 (CE-2) を投与), その後各種タンパク質の混合食をラットに7日間与えた後解剖した。その結果, 小麦グルテンを含んでいる (E10%+G10%, E20/3%+G20/3%+Z20/3%) 群はカゼイン単独群 (20%C), 卵白単独群 (20%E) に比し血漿GPT活性値の上昇が認められたが, MR比は各群間有意な差は認められなかった。<BR>以上の結果から, メカニズムの異なる肝障害においては小麦グルテンは異なる作用を示すことが明らかとなった。

We investigated the effects of several kinds of dietary protein such as casein, egg white, zein and wheat gluten on galactosamine hepatitis and cirrhosis of the liver induced by carbon tetrachloride in rats. Male Wistar rats were fed the experimental diets for 2 weeks. On the last day of feeding, the rats were injected intraperitoneally with D-galactosamine solution (800mg/kg body weight). The elevation of glutamicoxaloacetic transaminase (GOT) was depressed in the groups fed the diet containing gluten at 20% of the level of protein. However, the ratio of plasma free branched-chain amino acids to plasma free aromatic amino acids (MR ratio) did not differ significantly among the groups. On the other hand, in rats injected with carbon tetrachloride (50% in olive oil, 1ml/kg body weight) twice a week for 11 weeks and then fed the experimental diets for one week, plasma glutamic-pyruvic transaminase (GPT) activity was higher in the groups fed the diets containing wheat gluten, although the MR ratio did not differ significantly among the groups.

収録刊行物

  • 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science

    日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science 48(4), 291-297, 1995-08-10

    Japan Society of Nutrition and Food Science

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

  • <no title>

    KEPPLER D.

    Exp. Mol. Pathol. 9, 279, 1968

    被引用文献1件

  • <no title>

    DECKER K.

    Progress in Liver Diseases 183, 1972

    被引用文献1件

  • <no title>

    KEPPLER D.

    J. Biol. Chem. 249, 211, 1974

    被引用文献1件

  • <no title>

    真田宏夫

    必須アミノ酸研究 139, 9, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    SHERWIN R.

    N. Engl. J. Med. 290, 239, 1974

    被引用文献1件

  • <no title>

    FISCHER J. E.

    Surgery 80, 77, 1976

    被引用文献1件

  • <no title>

    科学技術庁資源調査会

    四訂日本食品標準成分表のフォローアップに関する調査報告-改訂日本食品アミノ酸組成表 114, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    TRISTRAM G. R.

    The Proteins 223, 1953

    被引用文献1件

  • <no title>

    科学技術庁資源調査会

    四訂日本食品標準成分表 48, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    宮崎基嘉

    必須アミノ酸研究 25, 89, 1965

    被引用文献1件

  • <no title>

    LIPPI U.

    Clin. Chim. Acta 28, 431, 1970

    被引用文献2件

  • <no title>

    吉田功

    毒性 薬効データの統計解析 37, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    RUSH B. F.

    Ann. Surg. 207, 549, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    DEITCH E. A.

    Surgery 104, 191, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    岩城義博

    肝臓 29, 1043, 1988

    被引用文献2件

  • <no title>

    BELITZ H. D.

    Food Chemistry 499, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    ROCKNAGEL R. O.

    Pharm. Rev. 19, 145, 1967

    被引用文献1件

  • Multiple range and multiple F tests

    DUNCAN D. B.

    Biometrics 11, 1-42, 1955

    DOI 被引用文献235件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008562764
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00311992
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02873516
  • NDL 記事登録ID
    3632028
  • NDL 刊行物分類
    SC226(衛生学・公衆衛生--食品衛生・栄養学)
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-53
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ