ヒト血漿中カロテノイド濃度に影響を及ぼす因子 Factors Affecting Carotenoid Levels in Human Plasma

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

成人男性54名, 女性22名 (計76名) を対象に, 血漿中カロテノイド, ビタミン濃度を調べ, 脂質濃度, 喫煙, 飲酒習慣の有無との相関について検討した結果, 以下に示す内容が明らかになった。<BR>1) ゼアキサンチン, クリプトキサンチン, α-カロテンおよびレチノール濃度に有意な男女差が見られた。<BR>2) カロテノイド濃度はレチノール濃度と負の相関を示し, その値はプロビタミンA活性と関連があった。α-トコフェロール濃度とカロテノイド濃度との相関は全体的に低値であった。<BR>3) カロテノイド濃度とトリグリセリドおよび総・LDL・HDL-コレステロール濃度との相関はなかったが, レチノールとトリグリセリド, α-トコフェロールとLDL・HDL-コレステロールに有意な相関があった。<BR>4) 喫煙習慣により血漿中のカロテノイド濃度の低下する傾向が見いだされたが, 飲酒習慣の有無によるカロテノイド濃度への影響はクリプトキサンチン以外はみとめられなかった。

We investigated factors which influence the plasma levels of major carotenoids in 76 healthy persons (54 males and 22 females), and also examined the correlation between plasma carotenoid levels and smoking or drinking habits. Significant sex differences were shown in plasma levels of xanthophylls, α-carotene and retinol. The correlation between the plasma level of carotenoids having provitamin A activity and the plasma level of retinol was strongly negative. All plasma carotenoid levels and the plasma α-tocopherol level showed a slightly positive correlation. On the other hand, plasma levels of triglyceride, total-, LDL- and HDL-cholesterol showed a weak correlation with plasma carotenoid levels. Smoking had a tendency to reduce the plasma levels of carotenoids, whereas drinking did not.

収録刊行物

  • 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science

    日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science 48(5), 365-369, 1995-10-10

    Japan Society of Nutrition and Food Science

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008563029
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00311992
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02873516
  • NDL 記事登録ID
    3645104
  • NDL 刊行物分類
    SC226(衛生学・公衆衛生--食品衛生・栄養学)
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-53
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ