レチノイン酸刺激によるラット上頸部交感神経節内組織トランスグルタミナーゼの誘導 Induction of Tissue Transglutaminase in Rat Superior Cervical Sympathetic Ganglia in Response to Retinoic Acid

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

シナプス結合を豊富に含む交感神経節標本をラット上頸部より摘出して, 生理溶液中でインキュベーション (刺激) を行いながら種々のレチノイドを添加したとき, 記憶形成やその維持を支える物質代謝系の指標酵素の一つとして組織トランスグルタミナーゼ (TGase) 活性値を測定し, 以下の成績を得た。<BR>1) レチノイン酸 (2×10<SUP>-5</SUP>M) を生理溶液中に添加すると, 2時間以降から上頸交感神経節内TGase活性の有意な上昇効果が示され, 3時間では非刺激標本内TGase活性値の約3.1倍に達するのが認められた。<BR>2) 13-cis-レチノイン酸 (2×10<SUP>-5</SUP>M) 添加条件 (3時間) では, 約1.9倍の神経節内TGase活性の促進が見られ, またレチナール (2×10<SUP>-5</SUP>M) 刺激では約1.4倍の活性化作用が示された。つまり, これらレチノイドの中で, レチノイン酸刺激が上頸神経節内TGase活性化には最も有効であった。<BR>3) mRNAへの転写過程を阻害するactinomycin D (1.0μg/ml) あるいはタンパク合成阻害剤のcycloheximide (10μg/ml) を添加して刺激 (3時間) すると, レチノイン酸刺激による神経節内TGaseの活性化効果は完全に消失した。<BR>4) レチノイン酸刺激による神経節節内組織TG酵素の活性促進効果は, 酵素反応の動力学的解析により, TGaseの見かけのK<SUB>m</SUB>値にはまったく影響を及ぼさず, V<SUB>max</SUB>値のみ著明に上昇 (約3倍) させる効果が認められた。つまり, レチノイン酸刺激で比較的長時間を経て示される上頸神経節内組織TGase活性化現象は, <I>de novo</I>酵素誘導がTGaseのmRNA転写活性の上昇に引き続いて生じた結果であることが, 酵素反応の動力学的解析成績からも確認された。<BR>以上の成績から, レチノイン酸は記憶形成あるいは記憶の維持を支える機能的な物質代謝系の調節因子の一つである可能性が推測された。

The addition of retinoic acid (RA, 2×10<SUP>-6</SUP>M) to physiological saline solution markedly increased the activity of Ca<SUP>2+</SUP> -dependent tissue transgiutaminase (TGase) (ca. 3.1-fold), which stabilizes newly formed protein assemblies at the synapse, in isolated rat superior cervical sympathetic ganglia, which are rich in synapses, fallowing <I>in vitro</I> aerobic incubation for 3h at 37°C. The RA-induced enhancement of ganglionic TGase activity was completely eliminated in the presence of either actinomycin D (1.0μg/ml), a depressor of transcriptional activity, or cycloheximide (10μg/ml), a potent inhibitor of protein synthesis. Kinetic studies showed that the stimulation of ganglionic TGase activity evoked by RA addition was associated with only an increase in the V<SUB>max</SUB> value. Thus, the enzyme protein of TGase might be synthesized de novo in the ganglia in response to RA. These findings imply that RA also participates in phenomena involving synaptic activity such as memory.

収録刊行物

  • 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science

    日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science 48(5), 379-383, 1995-10-10

    Japan Society of Nutrition and Food Science

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008563077
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00311992
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02873516
  • NDL 記事登録ID
    3644645
  • NDL 刊行物分類
    SC131(生理学(医))
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-53
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ