熱ギ酸溶液による草類の純タンパク質の抽出率 Extractability of True Proteins from Grasses with Hot Formic Acid Solutions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

草類から食飼料に適したタンパク質を比較的簡便に, かつ高収量で分離するための方法を確立するため, その一つとして, ギ酸溶液を用いるタンパク質の抽出条件を検討した。その結果は次のとおりである。<BR>1) ギ酸溶液を用いて, 草類のタンパク質を抽出するには, 20%ギ酸溶液を用い, 試料を2時間ずつ, 水浴中で, 4回反復加熱処理することが, 最大の収量を得る条件であった。しかし, 実用上, 2回または3回の加熱処理でよい。<BR>2) 用いた各試料の純タンパク質抽出率 (10% TCA溶液沈澱性) は70%以上であった。ホウレンソウ1でのそれは71%で, 界面活性剤での純タンパク質抽出率86%よりかなり低く, 本法は不適切であった。他の試料の純タンパク質抽出率 (10% TCA溶液沈澱性) はスギナ1, 2は71%, ギンネムの葉1は75%, スギの葉2は73%, ワラビ2は77%であった。ギンネムの葉1とワラビ2は5%有機酸混液と界面活性剤を用いた場合より純タンパク質の抽出率は高かった。

A study was undertaken to elucidate a useful method for extraction of edible proteins from green grasses. The materials for protein extraction were prepared from fresh grasses by treatment with cold acetone. The extractability of true proteins from each material was in the range 78.5-96.5% using hot 20% formic acid solution. However, true proteins were partly hydrolyzed by this treatment, and hence the practical yields of extracted true proteins were as follows: spinach 71%, bracken 72%, <I>Equisetum arvense</I> L. 71%, <I>Leucaena glauca</I> Benth 75%, Japanese cedar 73%. The extractabilities of true proteins from bracken and <I>L. glauca</I> Benth with this extractant were much higher than those with 5% organic acid solution, autoclaving at 120°C for 34 min or with several surface active agents.

収録刊行物

  • 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science

    日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science 48(5), 385-390, 1995-10-10

    Japan Society of Nutrition and Food Science

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

  • <no title>

    保井忠彦

    栄養と食糧 30, 215, 1977

    被引用文献4件

  • <no title>

    保井忠彦

    栄養と食糧 34, 303, 1981

    被引用文献4件

  • <no title>

    保井忠彦

    栄養と食糧 35, 57, 1982

    被引用文献4件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008563091
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00311992
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02873516
  • NDL 記事登録ID
    3645101
  • NDL 刊行物分類
    SC226(衛生学・公衆衛生--食品衛生・栄養学)
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-53
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ