希アルカリ性アセトン溶液を用いる草類タンパク質の抽出法 Method for Extraction of Grass Proteins by Dilute-Alkaline Acetone Solution

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

草類から食飼料に適したタンパク質を比較的簡便に, かつ高収量で分離する方法を確立するため, ホウレンソウほか20種の試料を用いて, 希アルカリ性アセトン溶液によるタンパク質の抽出条件を検討した。<BR>1) 供試試料を0.1% 2-ME含有0.05N NaOH性80-, 60-, 40-および20%アセトン溶液と0.1% 2-ME含有0.05N NaOH溶液とを用いて, 各3回, 順次タンパク質の抽出を行うことにより, 大部分の試料で, その純タンパク質は80%以上抽出された。ワラビ, スギナなど数種の試料での本法による純タンパク質の抽出率は低いが, NaOH溶液の濃度を0.1Nにすることにより, ワラビでの純タンパク質抽出率は59%に, その他の試料のそれは80%以上に増大した。<BR>2) 本方法での純タンパク質総抽出率は高いが, ホウレンソウ, 大根葉にあっては, 純タンパク質は26%内外加水分解され, 実際的には界面活性剤を用いるタンパク質の抽出法に, 操作上, また収率の面で劣るようである。

A study was undertaken to elucidate the extractabilities of true proteins from grasses using new protein extractants, i. e., 0.05 or 0.1N NaOH solution containing 80%-, 60%-, 40%-, 20%- and 0% acetone. The materials for extraction of true proteins were prepared from fresh grasses by treatment with cold acetone. The highest extractability of true proteins for each material was obtained by successive treatment with the above protein extractants. The values obtained were: spinach 84%, white clover 87%, Japanese radish leaf 91%, water hyacinth 96%, bracken 59%. True proteins of spinach and Japanese radish leaf were partly hydrolyzed by these treatments, and hence their practical yields were 69% and 65%, respectively.

収録刊行物

  • 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science

    日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science 48(5), 391-397, 1995-10-10

    Japan Society of Nutrition and Food Science

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

  • <no title>

    PINE N. W.

    Leaf Protein (IBN Handbook) 20, 1971

    被引用文献1件

  • <no title>

    PINE N. W.

    Leaf Protein, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    TELEK L.

    Leaf Protein Concentrates, 1983

    被引用文献1件

  • <no title>

    堀米隆男

    日畜会報 53, 1, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    大島光昭

    栄養生理研究会報 27, 27, 1983

    被引用文献1件

  • <no title>

    保井忠彦

    農化 46, 597, 1972

    被引用文献3件

  • <no title>

    保井忠彦

    栄養と食糧 30, 215, 1977

    被引用文献4件

  • <no title>

    保井忠彦

    栄養と食糧 34, 303, 1981

    被引用文献4件

  • <no title>

    保井忠彦

    栄養と食糧 35, 57, 1982

    被引用文献4件

  • <no title>

    保井忠彦

    栄養誌 48, 385, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    MENKE W.

    Z. Botanik 32, 273, 1938

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008563095
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00311992
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02873516
  • NDL 記事登録ID
    3645042
  • NDL 刊行物分類
    SC226(衛生学・公衆衛生--食品衛生・栄養学)
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-53
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ