わかり始めた味覚受容の仕組み : 初の甘昧受容体遺伝子 T1R3 のクローニングに成功

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 化学と生物

    化学と生物 40(1), 7-9, 2002-01-05

    学会出版センタ-

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

  • <no title>

    WONG G. T.

    Nature 381, 796, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    HOON M. A.

    Cell 96, 541, 1999

    被引用文献2件

  • <no title>

    ADLER E.

    Cell 100, 693, 2000

    被引用文献2件

  • <no title>

    CHANDRASHEKAR J.

    Cell 100, 703, 2000

    被引用文献2件

  • <no title>

    KITAGAWA M.

    Biochem. Biophys. Res. Commun. 283, 236, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    MAX M.

    Nat. Genet. 28, 58, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    MONTMAYEUR J. P.

    Nat. Neurosci. 4, 492, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    NELSON G.

    Cell 106, 381, 2001

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008564580
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0453073X
  • NDL 記事登録ID
    6036612
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-26
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ