Asopergillus nidulans 由来グルタミン酸脱水素酵素遺伝子(gdhA)導入トマトの作出と果実における遊離アミノ酸含有量の改変 Production of transgenic tomato with glutamate dehydrogenase gene (gdhA) from Aspergillus nidulans to improve the contents of amino acids in transgenic fruits.

この論文をさがす

著者

    • 木坂 広明 KISAKA H.
    • 味の素(株)中央研究所 基盤研究所 Basic Research Laboratories, Central Research Laboratories, Ajinomoto Co., Inc.
    • 木田 隆夫 KIDA T.
    • 味の素(株)中央研究所 基盤研究所 Basic Research Laboratories, Central Research Laboratories, Ajinomoto Co., Inc.

収録刊行物

  • 育種学研究 = Breeding research

    育種学研究 = Breeding research 4(1), 163, 2002-03-30

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008569774
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11317194
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13447629
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ