顎関節内障クローズドロックに対する下顎枝垂直骨切り術の応用 Intraoral vertical ramus osteotomy for patients with temporomandibular joint closed lock

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 村上 賢一郎 MURAKAMI Ken-ichiro
    • 京都大学大学院医学研究科(感覚運動系病態学講座)口腔機能病態学(口腔外科) Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Faculty of Medicine, Kyoto University
    • 谷池 直樹 TANIIKE Naoki
    • 神戸市立中央市民病院歯科口腔外科 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Kobe City General Hospital

抄録

下顎枝垂直骨切り術によって顎関節クローズドロックの治療を行った。対象は保存的療法が奏効しなかった顎関節症患者で, 臨床およびMRI所見において片側もしくは両側の顎関節円板が復位のない前方偏位を示し, クローズドロックと診断された15例 (女性13, 男性2), 22関節である。年齢は22~58歳 (平均29.1歳) でクローズドロックの期間は6~24か月 (平均9.5か月) であった。術前の切歯問開口域は22~30mm (平均25.4mm) であった。下顎枝垂直骨切り術を施行後, 10日間の顎間固定の後, II級エラスティックスによる咬合誘導, 開口訓練を3~6か月行った。全15例中14例において術前みられた開口障害, 関節疼痛は消失し, 開口域は38~50mm (平均42.3mm) 増大した。術後のMRI所見にて顎関節円板の復位は22関節中11関節にみられ, 18関節中10関節に下顎頭の後面に二重の骨皮質像がみられた。これらの結果より下顎枝垂直骨切り術は, 保存療法の奏効しないクローズドロック症例に有用な外科的治療の1手段であることが示唆された。

Intraoral vertical ramus osteotomy (IVRO) was applied to the treatment of temporomandibular joint (TMJ) with closed lock. Twenty-two joints, in 15 patients (13 female, 2 male) were diagnosed as TMJ closed lock based on clinical and magnetic resonance (MR) findings. The age of the patients ranged from 22 to 58 years (mean 29.1), the duration of closed lock was from 6 to 24 months (mean 9.5), and the preoperative interincisal range of motion (ROM) was from 22 to 30mm (mean 25.4). In MR findings, all 22 joints showed anterior disc displacement without reduction. IVRO was performed with stripping of medial pterygoid muscle from the proximal segment. In 14 of the 15 patients, the joint pain diminished, and the improved postoperative ROM was from 38 to 50mm (mean: 42.3). The one remaining patient showed 33mm of ROM with slight joint pain. Postoperative MRIs revealed that 11 joints reestablished the normal disc-condylar relationship. In 18 joints that showed a hard tissue degenerative change in preoperative MRIs, 10 showed remodeling (double contour line) of the condylar head. These results suggest that IVRO can be a valuable choice for the treatment of TMJ closed lock.

収録刊行物

  • TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint : 日本顎関節学会雑誌

    TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint : 日本顎関節学会雑誌 13(1), 32-37, 2001-04-20

    The Japanese Society for Temporomandibular Joint

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

  • 関節円板の整復に伴い顎関係の改善がみられた成人上顎前突症例

    矢野 圭介 , 小倉 有美子 , 陳 輝 , 篠原 親 , 柴崎 好伸 , Keisuke YANO , Yumiko OGURA , Hui CHEN , Chikashi SHINOHARA , Yoshinobu SHIBASAKI , 昭和大学歯学部矯正学教室 , 昭和大学歯学部矯正学教室 , 昭和大学歯学部矯正学教室 , 昭和大学歯学部矯正学教室 , 昭和大学歯学部矯正学教室 , Department of Orthodontics Showa University School of Dentistry , Department of Orthodontics Showa University School of Dentistry , Department of Orthodontics Showa University School of Dentistry , Department of Orthodontics Showa University School of Dentistry , Department of Orthodontics Showa University School of Dentistry

    Orthodontic waves : journal of the Japanese Orthodontic Society : 日本矯正歯科学会雑誌 61(2), 88-95, 2002

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ 医中誌Web 参考文献14件 被引用文献3件

  • 下顎枝垂直骨切り術前後の下顎頭位の変化

    兼松 義典 , 田中 四郎 , 笠井 唯克 , 毛利 謙三 , 勝又 明敏 , 兼松 宣武

    岐阜歯科学会雑誌 31(2/3), 110-117, 2005-02-20

    CiNii PDF - オープンアクセス  医中誌Web 参考文献17件 被引用文献1件

各種コード

ページトップへ