頭頸部における遊離組織再建手術失敗例の二次再建手術について Second Reconstructions after Failure of Free-Tissue Transfer in the Head and Neck Region

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 今手 祐二 IMATE Yuji
    • 山口大学医学部耳鼻咽喉科学教室 Department of Otorhinolaryngology, Yamaguchi University School of Medicine
    • 大上 研二 OKAMI Kenji
    • 山口大学医学部耳鼻咽喉科学教室 Department of Otorhinolaryngology, Yamaguchi University School of Medicine
    • 池田 卓生 IKEDA Takuo
    • 山口大学医学部耳鼻咽喉科学教室 Department of Otorhinolaryngology, Yamaguchi University School of Medicine
    • 清水 徳雄 SHIMIZU Norio
    • 山口大学医学部耳鼻咽喉科学教室 Department of Otorhinolaryngology, Yamaguchi University School of Medicine
    • 小野 信周 ONO Nobuchika
    • 山口大学医学部耳鼻咽喉科学教室 Department of Otorhinolaryngology, Yamaguchi University School of Medicine
    • 遠藤 史郎 ENDO Shiro
    • 山口県立中央病院耳鼻咽喉科 Department of Otorhinolaryngology, Yamaguchi Prefectural Hospital

抄録

遊離組織による再建技術が頭蓋底外科を含めた頭頸部腫瘍治療に占める役割はきわめて大きい.最近では遊離組織による再建手術の成功率も95%前後とする報告も多い.しかし裹を返せば,現時点でもいずれの施設においても数%の失敗例は回避し得ないということである.これまで遊離組織再建失敗については主にその原因やリスクに関する検討がなされてきた.今回,これまで当科において行った遊離組織再建一次手術失敗例の二次手術について,特に遊離組織全壊死の場合の処置について検討した.対象は1990年8月より1999年5月までに,山口大学医学部耳鼻咽喉科において頭頸部手術時に遊離組織再建を行った74症例である.再手術を必要とした8列中3例は血管の再吻合や移植などにより救済可能であったが,5例は遊離組織全壌死に陥った.全体での生着率は93.2%であった.遊離組織全壊死5例中4例に二次再建手術を行つた.原発巣の再建において,2例に有<br>茎筋皮弁を,2例に遊離組織を用いた.二次再建手術を行う場合,壊死再建組織摘出時期,二次再建の有無,再建時期,再建組織選択,血管選択などの項目を検討する必要がある.特に両頸部郭清後に重症感染を伴う場合など,頸部での栄養血管選択が困難な場合,橈側皮静脈の一部をtransposition並びに一部をveingraftとして使用する方法が有用であった.

A retrospective study was performed on 74 patients seen in our hospital between 1990 and 1999 who underwent head and neck reconstructive surgery involving a free flap. Reconstructive surgery was unsuccessful in 5 cases (6.8%). A pedicled myocutaneus flap was used in two cases for the second reconstruction attempt, while a second free flap (jejunum) was used in two other patients. In these cases. a bilateral neck dissection was performed prior to the second free flap reconstruction and neck infection was found. The head and neck artery and vein were unsuitable as recipient vessels in the second operation. Instead, the cephalic vein was used as a source of vein grafts and as a recipient vein.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報

    日本耳鼻咽喉科學會會報 103(3), 193-198, 2000-03-20

    The Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan, Inc.

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008574557
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306622
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ