肝細胞癌口蓋扁桃転移の1例 A case of palatine tonsillar metastasis from hepatocellular carcinoma

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

扁桃の転移性腫瘍は稀である.今回我々は扁桃転移をきっかけに発見された肝細胞癌症例を経験したので報告する.症例は65歳男性.のどの奥のできものを主訴に来院した.腫瘤は左口蓋扁桃下極に存在し, 細い茎を有していた.生検を施行され, 病理の第一報は悪性黒色腫との診断であったが, その後の全身検索および病理検体の再染色によりその腫瘤は肝細胞癌の転移と診断された.また扁桃以外に胃にも肝細胞癌の転移が認められた.根治不能と判断され対症的治療が行われたが, 5ヵ月後に死亡した.扁桃の転移性腫瘍は我々が渉猟し得た範囲では自験例も含めて63例であった.その内肝細胞癌の転移は9例あり, 頻度では2番目に多かった.また原発巣の発育が緩慢でその症状が現れない中に, 転移巣の発育が迅速で転移巣の症状が先行するlatent primary carcinoma症例が上記63例中12例見られ, 肝細胞癌はそのうち1例認めた.扁桃への転移形式としては, 一般に血行性, リンパ行性, 転移リンパ節からの直接浸潤の3形式が考えられるが, 本症例では, 血行性が考えられた.

Metastatic tumors to the tonsil are rare. This report presents a case of a patient with a metastasis in the left palatine tonsil from hepatocellular carcinoma (HCC), which was the first manifestation of the disease.<BR>A 65-year-old male complained of a mass that existed in the lower portion of the left palatine tonsil with a thin stalk. The biopsy showed that the mass was a metastasis lesion of HCC. Clinical examinations revealed that a tumor of 15 cm in diameter with a necrotic change existed in the liver and another metastasis was found in the stomach. Symptomatic treatment was performed, but he died after 5 months later.<BR>The clinical aspects of metastatic tonsillar tumor and a possible mechanism of the metastatic processes are discussed

収録刊行物

  • 口腔・咽頭科 = Stomato-pharyngology

    口腔・咽頭科 = Stomato-pharyngology 13(3), 353-357, 2001-06-01

    日本口腔・咽頭科学会

参考文献:  30件中 1-30件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

ページトップへ