砂時計様くびれを伴う特発性前骨間神経麻痺に対する神経線維束間剥離術の予後 Prognosis of Spontaenous Anterior Interosseous Nerve Palsy with "hourglass-like constriction" Treated by Interfascicular Neurolysis

この論文をさがす

著者

    • 長野 昭
    • 東京大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Faculty of Medicine, University of Tokyo
    • 山本 精三
    • 東京大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Faculty of Medicine, University of Tokyo
    • 時村 文秋
    • 東京大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Faculty of Medicine, University of Tokyo

収録刊行物

  • 日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand

    日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand 12(2), 290-293, 1995-08-31

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008577912
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10042933
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09105700
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ