中枢神経疾患と音声障害 Voice Disorders in Patients with Neurological Disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

中枢神経疾患の臨床症状として構音・プロソディの障害とともに音声障害の存在が注目されている.わが国において, これらの障害は一括して運動障害性構音障害と呼ばれることが多い.ここでは各種の疾患における音声症状について最近の報告を中心に概説した.

A review was made of voice disorders in patients with diseases of the central nervous system, including Parkinson's disease, pseudobulbar palsy, amyotrophic lateral sclerosis, cerebellar ataxia, multiple system atrophy, multiple sclerosis and chorea. Voice symptoms and laryngeal findings were described together with the results of acoustic analyses in selected categories. It was concluded that voice change is one of the important clinical signs in cases of dysarthria.

収録刊行物

  • 音声言語医学

    音声言語医学 42(2), 121-128, 2001-04-20

    The Japan Society of Logopedics and Phoniatrics

参考文献:  53件中 1-53件 を表示

被引用文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008579018
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00034826
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00302813
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ