結核性膿胸壁に合併した悪性リンパ腫の1例 A CASE OF PLEURAL MALIGNANT LYMPHOMA ASSOCIATED WITH CHRONIC TUBERCULOUS PYOTHORAX

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

われわれは膿胸関連リンパ腫の症例を経験したので報告する。患者は67歳男性で左側胸部腫脹と疼痛で受診した。既往としては6歳時に肺結核, 24歳時に結核性胸膜炎に罹患していた。生検標本の組織学的検査の結果, 悪性リンパ腫びまん性大細胞B細胞型と診断した。THP-COP (THP, CY, VCR, PSL) による化学療法を施行し徐々に胸痛と腫脹は改善し, 現在維持療法継続中である。また, 分子生物学的見地から膿胸壁のEBウイルス感染を証明した。悪性リンパ腫を併発した結核性慢性膿胸症例の全例にEBウイルスの感染が証明されたとの報告があり, EBウイルス陽性の結核性膿胸の患者ではより注意深く検査を進める必要がある。

We report a case of pleural malignant lymphoma associated with chronic tuberculous pyothorax. A 67-year-old male was hospitalized because of left lateral chest swelling and pain. He had suffered from pulmonary tuberculosis at the age of six and tuberculous pleurisy at the age of 24.<BR>We made a histologic diagnosis of malignant lymphoma diffuse large B-cell type. He was medicated THP-COP (THP, CY, VCR, PSL) therapy and his chest pain and swelling has improved gradually.<BR>From the view point of molecular biology, we detected Epstein-Barr virus (EBV) infection in the pyothorax wall.<BR>In conclusion, we should be more careful about medical examination in patients with EBV positive tuberculous pyothorax considering the complication of malignant lymphoma.

収録刊行物

  • 結核

    結核 77(4), 367-371, 2002-04-15

    JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008579559
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00073442
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00229776
  • NDL 記事登録ID
    026779607
  • NDL 請求記号
    Z19-133
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ