T1,T2 喉頭癌の治療法選択のカギ : T2放射線照射による非制御例を中心に Primary Treatment for T1 and T2 Laryngeal Cancer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1986年から2000年までに当科にて1次治療を行ったT1, T2喉頭癌86例を対象とした。T1症例の内訳は,声門癌53例,声門上癌4例であり,T2症例では,声門癌24例,声門上癌5例であった。5年粗生存率はT1症例で88.4%,T2症例で81.2%であった。5年喉頭保存率は,T1で94.7%,T2で45.1%とT2例において有意に低下していた。初回治療で喉頭保存に失敗した症例を検討したところ,前連合および声門下に進展する症例が多い傾向にあったことから,腫瘍進展の把握が不十分であること,放射線制御困難な症例においても初回治療において放射線療法を選択していたことが考えられた。今後の対策としては,画像診断を用い腫瘍進展範囲を明確にした上で,前連合や声門下に広く進展する症例など,放射線により制御困難と考えられる症例に対しては,初回治療において喉頭部分切除術などの外科的切除を選択すべきと考えた。

From 1986 to 2000, 86 patients with T1 and T2 laryngeal cancer were treated at our department. Eighty-one patients received initial radiation therapy, and salvage laryngectomy was performed for 8 patients who had residual tumor after 40 Gy radiotherapy. Four patients with glottic cancer had a resection of the true vocal cord with an Nd-YAG LASER under the microsopic observation and only one patients had with partial laryngectomy (front-lateral-laryngectomy) as an initial treatment. Five-year survival rates were 88.4% in T1, and 81.2% in T2. Five-year larynx preservation rates were 94.7% in T1, and 45.1% in T2. In T2, the five-year survival rates and larynx preservation rates were poor. Tumors extending to the anterior commissure and the subglottic space were poorly controlled by radiotherapy. We considered that bulky tumor extending to the anterior commissure and subglottic space are not an indication for simple radiotherapy and should undergo partial laryngectomy for the improvement of the larynx preservation.

収録刊行物

  • 日本気管食道科学会会報

    日本気管食道科学会会報 53(3), 245-249, 2002-06-10

    The Japan Broncho-esophagological Society

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008579575
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187474
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00290645
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ