頭頸部癌1次治療後に出現した肺癌症例の検討 : 肺転移検索目的で行う胸部単純X-p検査の意義 Case of Lung Cancer which Appeared after the First Treatment for Head and Neck Cancer : The Efficacy of Chest X-ray Examination in Search of Lung Metastasis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

頭頸部癌1次治療後に肺転移検索目的で行う胸部単純X-p検査の意義を検討した。1次治療後の胸部画像検査は,1~6カ月ごとの単純X-pと,1年に1~2回のCT検査を行っている。1987年以降当科を受診した遠隔転移および重複癌のない頭頸部癌新鮮例655例中,局所制御後に肺病変が出現したものは27例(4.1%)あり,23例が単純X-pで,4例がCTで発見された。その内訳は転移性肺癌22例,原発性肺癌5例であった。肺病変判明までの期間は平均23.0M(カ月)(1.9~90.9M)で,肺癌判明後の生存期間は平均11.5M(0.3~57.6M)で,5年生存率は0%であった。Wilcoxon法で生存率の有意差検定を行うと,良好な予後を認めたのは組織別にみた腺様嚢胞癌のみで,他はすべて有意差を認めなかった。以上より,1次治療後の単純X-pで肺転移,原発癌を発見しても予後不良であり,手術・放射線により明らかな延命は認められなかった。胸部単純X-p検査の再考とともに,治療については外来化療などQOLに配慮することが重要であると考えられた。

The efficacy of chest X-ray examination performed in search of lung metastasis after the first treatment for head and neck cancer was evaluated. Even lung metastasis or primary lung cancer was discovered by chest X-ray examination, the prognosis was poor and the prolongation of survival time by operation or radiation therapy was not clearly demonstrated. Reconsideration of chest X-ray examination is needed. Regarding treatment, it is important to consider the QOL of the patients, and use of techniques such as an outpatient chemotherapy.

収録刊行物

  • 日本気管食道科学会会報

    日本気管食道科学会会報 53(3), 264-270, 2002-06-10

    The Japan Broncho-esophagological Society

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008579614
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187474
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00290645
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ