グリセリン浣腸によると考えられた直腸穿孔に起因する骨盤直腸窩膿瘍の1例 A Case of Supralevator Abscess Due to Rectal Ulcer Perforation Probably Injured by Glycerin Enema

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

グリセリン浣腸によると考えられた直腸穿孔に起因する骨盤直腸窩膿瘍の1例を経験し,救命し得たので報告する.症例は90歳女性.平成11年3月13日より便秘,腹痛あり,近医からグリセリン浣腸を処方されていた.3月20日,腹痛,発熱を主訴に来院.ショック状態のため緊急入院となる.骨盤CT,下部消化管内視鏡検査より,グリセリン浣腸による外傷性直腸穿孔を疑い,便流遮断を目的に人工肛門造設術を施行した.3日後のCTで直腸周囲,骨盤直腸窩に多量の膿の貯留を認めた.坐骨直腸窩には膿瘍を認めなかったため,皮膚からの切開排膿は行わず,直腸潰瘍部からドレナージチューブを挿入し排膿した.約1カ月後にドレーン抜去し,その後の経過は良好であった,グリセリン浣腸は日常的に行われている治療であるが,穿孔等の危険があることに留意して,医療機関以外での使用には特に注意が必要と考えられた.

A case of supralevator abscess due to perforation of the rectum probably caused by a glycerin enema instrument is reported. A 90-year-old female was admitted to the hospital because of abdominal pain, high fever and shock. The diagnosis was a rectal perforation and perirectal abscess by pelvic CT and colonoscopy. She underwent an emergency operation for colostomy and antibiotic therapy. However, three days after, the intrapelvic abscess was aggravated. Therefore, drainage was performed through rectal ulcer with 22 French drainage tube. One month later, the abscess was not found.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌

    日本大腸肛門病学会雑誌 55(4), 184-188, 2002-04-01

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008582304
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ