末梢神経欠損部の再建における生体吸収性tubeの有用性 Reconstruction of Peripheral Nerve Gap Using an Atelocollagen Tube Regulated in Absorbing Period

この論文をさがす

著者

    • 新井 健 ARAI Takeru
    • 慶應義塾大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery,School of Medicine, Keio University
    • 仲尾 保志 NAKAO Yasushi
    • 慶應義塾大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery,School of Medicine, Keio University
    • 矢部 裕 YABE Yutaka
    • 慶應義塾大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery,School of Medicine, Keio University

収録刊行物

  • 日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand

    日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand 13(4), 746-749, 1996-11-30

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008582922
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10042933
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09105700
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ