共役型リノレン酸(CLN)によるガン予防 Anticancer Effect of Conjugated Linolenic Acids(CLN)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

共役リノレン酸 (CLN) はニガウリ, ザクロ, キササゲといったある種の植物種子油中に多量に含まれている。例えば, ニガウリ種子油は9シス (<I>c</I>), 11トランス (<I>t</I>) 13<I>t</I>-CLN異性体を60%以上含有している。このようなニガウリ種子油 (BGO) は化学的に誘発されたラット大腸の異形陰窩 (ACF) の発現を有意に減少させた。また, BGO投与により発ガンプロモーターであるPCNAの有意な減少とACFにおける細胞死が観察された。これらのことより, BGO中のCLNがガン予防効果を有することが示唆された。CLNは培養細胞系においても各種のガン細胞に対して増殖抑制作用を示した他, 大腸ガン細胞においてはガン遺伝子である<I>c-myc</I>遺伝子の発現も抑制した。BGO投与で観察されたガン抑制効果は, 培養細胞で見られたこうしたCLNの作用と関連があるものと思われた。さらに, ラットやマウスにBGOを投与すると相当量の9<I>c</I>, 11<I>t</I>-CLA異性体が肝臓脂質中に検川された。9<I>c</I>, 11<I>t</I>-CLAは抗ガン活性を有することが知られており, CLNの抗ガン作用は生体内でCLNから誘導されたCLAに起因する可能性も考えられた。

Conjugated linolenic acids (CLN) have been found at high content levels in some seed oils such as bitter gourd, pomegranate and catalpa. The dietary bitter gourd oil (BGO) containing 9<I>cis (c) </I>, 11<I>trans (t) </I>, 13<I>t</I>-CLN isomer caused significant reduction of the azoxymethane-induced colonic aberrant crypt foci (ACF) in rats. The BGO administration also lowered proliferating cell nuclear antigen (PCNA) -index and induced apoptosis in ACF. These findings suggest possible chemopreventive ability of CLN in colon carcinogenesis. CLN showed cytotoxic effect on mouse and human tumor cells and inhibited the expression of <I>c-myc</I> gene in caco-2 cells. These effects of CLN on cancer cells would be correlated with their anticancer activity found <I>in vivo</I> study. BGO administration also caused the accumulation of 9c, 11t-CLA isomer in the liver of rat and mouse, whereas CLN was hardly detected in the liver lipids, showing the enzymatic conversion of CLN to CLA in biological system. Since preliminary studies indicate that 9<I>c</I>, 11<I>t</I>-CLA isomer has an anticancer agent, the anticancer effect of CLN may be also due to the CLA converted from CIA.

収録刊行物

  • オレオサイエンス = / Japan oil chemists' society

    オレオサイエンス = / Japan oil chemists' society 2(6), 333-338, 2002-06-01

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

  • <no title>

    FRITSCHE J.

    Fett/Lipid 100, 190, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    BELURY M. A.

    Nutr. Rev. 50, 83, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    池田郁夫

    油化学 100, 190, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    YURAWECZ M. P.

    Advances in Conjugated Linoleic Acid Research, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    BADAMI R. C.

    Prog. Lipid Res 19, 119, 1981

    被引用文献1件

  • <no title>

    TAKAGI T.

    Lipids. 16, 546, 1981

    被引用文献2件

  • <no title>

    LOPEZ A.

    Lipids 22, 190, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    CORNELIUS A. S.

    Cancer Res 51, 6025, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    MIYASHITA K.

    Abstract of 90th AOCS Annual Meeting & Expo 100, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    SUZUKI R.

    Lipids 36, 477, 2001

    被引用文献2件

  • <no title>

    IGARASHI M.

    Cancer Lett. 148, 173, 2000

    被引用文献3件

  • <no title>

    SUZUKI R.

    J. Oleo Sci. 50, 753, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    KOHNO H.

    Jpn. J. Cancer Res. 93, 2002

    被引用文献1件

  • <no title>

    YAMAGUCHI M.

    World Vegetables, 1983

    被引用文献1件

  • <no title>

    GANGULY C.

    Eur. J. Cancer Prev. 9, 283, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    JAYASOORIYA A. P.

    J. Ethnopharmacol. 72, 331, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    AHMED I.

    Diabetes Res. Clin. Pract. 51, 155, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    甲野裕之

    第40回日本油化学年会 講演要旨集 171, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    NOGUCHI R.

    Archi. Biochem. Biophys. 396, 207, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    SUZUKI R.

    J. Oleo Sci. 50, 491, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    SMITH C. R.

    Prog. Chem. Fats and Other Lipids 11, 137, 1971

    DOI 被引用文献5件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008584584
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11503417
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13458949
  • NDL 記事登録ID
    6166277
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z74-C176
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ