カロテノイドによるがん予防 Carotenoids and Cancer Prevention

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 寺尾 純二 TERAO Junji
    • 徳島大学医学部栄養学科食品学講座 Department of Nutrition, School of Medicine, The University of Tokushima
    • 長尾 昭彦 NAGAO Akihiko
    • 独立行政法人食品総合研究所食品素材部脂質素材研究室 Lipid Laboratory, National Food Research Institute

抄録

カロテノイドは植物由来の天然色素であるが, 食事由来の抗がん物質として期待されてきた。そこで, 1980年代に代表的なカロテノイドであるβ-カロテンを用いたヒト介入試験が各地で始まった。しかし, その多くはヒトでβ-カロテンが抗がん作用を発揮することを証明することはできず, 喫煙者においてはむしろ発がんを促進する結果が得られた。ただし, このことは食事から摂取するカロテノイドの有効性を否定するものではない。ヒトは食事からβ-カロテン以外にもリコペンやキサントフィル類等を摂取することから, β-カロテン以外のカロテノイドの抗がん作用にもっと注目すべきである。事実多くの動物実験ではこれらのカロテノイドが単独あるいは混合で強い抗腫瘍活性をもつことが報告されている。さらに, このような動物実験におけるカロテノイドの抗腫瘍作用の発現機構をカロテノイドの細胞への作用と吸収・代謝から裏付ける必要がある。最近, カロテノイドの細胞増殖抑制や細胞分化誘導作用に関する報告が出てきている。カロテノイドの酸化開裂反応及び酸化産物の細胞増殖への影響を解析した結果, キサントフィル類を含む様々な食品由来のカロテノイドのがん細胞への作用, 吸収について紹介する。

Carotenoids are natural pigments of plant origin and have been expected to act as dietary anti-carcinogen. However, large-scale human intervention studies started in 1980's did not support the idea that beta-carotene, the most popular carotenoid in plant foods, is helpful in cancer prevention. Thus, other carotenoids including lycopene and xanthophylls should be paied more attention, because human diet contains a variety of such carotenoids. So many animal studies strongly suggest that these carotenoids, alone or in mixture, are effective in lower incidence of tumor formation. These antitumorigenic effects of carotenoids observed in animal studies must be explained mechanistically in terms of their actions on cell propagation and metabolism. Recently, effects of carotenoids on cell proliferation and differentiation have been reported. Recent our findings on oxidative cleavage of carotenoids, effects of oxidized carotenoid and diverse dietary carotenoids against cancer cells, and their absorption are described.

収録刊行物

  • オレオサイエンス = / Japan oil chemists' society

    オレオサイエンス = / Japan oil chemists' society 2(6), 339-346, 2002-06-01

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  41件中 1-41件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008584606
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11503417
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13458949
  • NDL 記事登録ID
    6166303
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z74-C176
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ