吃逆に対する神経ブロック治療 Treatment of Intractable Hiccups with Epidural Block and Stellate Ganglion Block

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

目的: 難治性吃逆に対する神経ブロック治療の効果について検討した. 方法: 難治性吃逆の治療法として硬膜外ブロックまたは星状神経節ブロック (SGB) を第1選択とした7例の患者を対象とした. 吃逆の原因, ブロックの効果および吃逆停止に要した期間について検討した. 結果: 吃逆の原因として3例がいわゆる術後吃逆であり, 2例では脳神経系, 消化器系疾患が原因と考えられ, 2例は特発性であった. 硬膜外ブロックおよびSGBは一時的な停止を含めると全例で吃逆に対し効果があった. 7例中6例において神経ブロック治療により吃逆は停止し, 完全停止に要した時間は平均で約15日であった. 結論: 硬膜外ブロックおよびSGBが吃逆停止に奏効する機序として, 吃逆反射弓における頸髄由来の横隔神経および胸部交感神経節の遮断が推測された. 硬膜外ブロックおよびSGBは吃逆停止に有効であり, ペインクリニック医として最初に試みるべき治療のひとつと考えられた.

Intractable hiccups is defined as hiccups lasting more than 48 hours. Emergency treatment of intractable hiccups is divided into pharmacological and nonpharmacological management. It has been reported that nerve block therapy may be useful for stopping hiccups that are unresponsive to both physical maneuvers and drug therapy.<br>We treated seven patients who had intractable hiccups with cervical or thoracic epidural block, or stellate ganglion block (SGB). Of those seven patients, three patients had hiccups after upper abdominal surgery; two patients had hiccups that originated in the central nervous system and abdominal organ, respectively; and two patients had idiopathic hiccups. We were able to stop the intractable hiccups in six of seven (86 per cent) patients using epidural block or SGB, without any complication. The duration of treatment ranged from 1 to 60 days (average, 15 days). Epidural block or SGB inhibits the pathway of the hiccup reflex arc, including the phrenic nerve and the thoracic sympathetic chain. Our results indicate that an epidural block or SGB is a useful method for treating intractable hiccups.

収録刊行物

  • The journal of the Japan Society of Pain Clinicians = 日本ペインクリニック学会誌

    The journal of the Japan Society of Pain Clinicians = 日本ペインクリニック学会誌 5(4), 481-485, 1998-10-25

    Japan Society of Pain Clinicians

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

  • バクロフェンが奏功した難治性慢性吃逆の1症例

    讃岐 美佳子 , 佐藤 暢芳 , 井上 恵介 , 松本 千香子

    The journal of the Japan Society of Pain Clinicians = 日本ペインクリニック学会誌 6(4), 381-384, 1999-10-25

    参考文献17件

  • 吃逆に大承気湯加減が奏効した2例

    平崎 能郎 , 地野 充時 , 佐藤 明男 , 高橋 久美子 , 岡本 英輝 , 植田 圭吾 , 笠原 裕司 , 來村 昌紀 , 関矢 信康 , 大野 賢二 , 奥見 裕邦 , 並木 隆雄

    漢方の臨床 58(2), 263-270, 2011-02-25

    参考文献10件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008586812
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10440947
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13404903
  • NDL 記事登録ID
    4589430
  • NDL 雑誌分類
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-B321
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ