心肺機能停止患者の脳蘇生研究における進歩と展開 The development of resuscitation of cardiopulmonary arrested patient

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

心停止に伴う脳蘇生の治療成績は, これまで悲惨な結果に終わっている。その理由として, 心拍再開後の心肺機能や全身循環の安定を保つ絶対的な管理法が確立していないこと, 脳の蘇生治療として生体侵襲に伴うヘモグロビンの機能障害による酸素吸入無効, 侵襲性高血糖に伴う糖化現象やバゾプレシン誘導による脳血液関門, 呼吸筋の脆弱, さらには, 免疫機能不全によって, これまでの脳浮腫や頭蓋内圧管理の脳保護治療ではまったく治療になっていないことがわかってきた。脳浮腫や頭蓋内圧を下げ, 脳保護をはかる低体温療法と生体侵襲病態も含めて損傷脳の回復治療を目的とする脳低温療法とは治療法や治療概念がまったく異なることを理解したうえで, 心停止患者の脳蘇生治療にあたらないと, その治療成績を高めることはできない。

The one of the most difficult management of cardiopulmonary arrest (CPS) is brain resuscitation. Unstable cardio-pulmonary function, elevation of brain tissue temperature by brain thermo-pooling, hemoglobin dysfunction, insulin resisted hyperglycemia, systemic metaboliccirculatory changes by catecholamies surge, blood brain barrier dysfunction and increasing of pulmonary vascular permeability caused by excess release of vasopressin, and immune dysfunction which cased by changes of pituitary hormone.<BR>All of these neuronal damage mechanism occurs by harmful stress, cardiac arrest, associated neuro-hormonal endoclinological changes. To survive the CPA patients, previous neuro-protection therapy such as management of brain edema, intracranial hypertension and cerebral blood flow disturbances are not enough? The combination therapy of extra corporeal circulation, balloon pumping and brain hypothermia treatment. The clinical results devel-oped to 10 of 50 cases (20%) of good recovery in CPA with cardio-vascular disease.

収録刊行物

  • 蘇生

    蘇生 20(2), 95-103, 2001-07-20

    The Japanese Society of Reanimatology

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

各種コード

ページトップへ