CPA治療はどこまで進歩したか Advances in the treatment of CPA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 新井 達潤 ARAI Tatsuru
    • 愛媛大学医学部麻酔・蘇生学教室 Department of Anesthesiology and Resuscitology, Ehime University School of Medicine

抄録

アメリカ心臓協会 (AHA) の心肺蘇生法ガイドラインが2000年に改訂された。今回の改訂はILCORの全面的な協力のもとに, evidenced-based medicineに基づいて行われた。1992のガイドラインと比較して変化した点は, BLSでは, automated external defibrillator (AED) を用いたpub-lic access defibrillation (PAD) の推奨, 口-口人工呼吸の1回換気量の減少 (10m1/kg) , 一般市民による頸動脈触知の廃止と循環のサインの確認, 胸部圧迫回数/人工呼吸回数の限定 (15/2のみ) , Compression-only CPRの採用, 一般市民の気道異物に対する対処法の簡略化などである。また脳卒中が第一義的緊急として重視された。使用される薬物に関してはバゾプレシン, アムリノン・ミルリノン, アミオダロンなどが取り上げられ, 抗不整脈薬の使用法が改訂された。

In 2000, American Heart Association publicized new CPR guidelines, G 2000. G 2000 was produced with the full cooperation of ILCOR, and the principal of it being "evidence-based". The changes in these guidelines from the 1992 guidelines are as follows:<BR>public access defibrillation (PAD) with automated external defibrillator (AED)<BR>Decrease in the tidal volume of mouth-to-mouth breathing (10 ml/kg)<BR>Checking for signs of circulation instead of checking for pulse by lay person<BR>Recommendation of Compression-only CPR as an option<BR>Simplification in the treatment for foreign-body airway obstruction by lay person<BR>Recommendation for early treatment of stroke<BR>Emphasis on the use of Vasopressin, Amrinone, Milrinone and Amiodarone<BR>Japan Resuscitation Committee (JRC) is presently producing Japanese Guidelines in accordance with G 2000.

収録刊行物

  • 蘇生

    蘇生 20(2), 104-112, 2001-07-20

    The Japanese Society of Reanimatology

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

ページトップへ