サイトカインから見た侵襲に対する生体反応 : SIRS,CARS,サイトカイン Host response against insult : SIRS, CARS, and cytokines

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

侵襲に対する生体反応をサイトカインとそれによってもたらされる血管内皮細胞障害から検討を行った。重症頭部外傷や脳血管障害, 蘇生後脳症などでは血中サイトカイン (IL-6, IL-10) の値は炎症所見がないにも関わらず上昇する症例があった。本来侵襲に対する生体炎症反応は防御反応であり, 生理的なものと考えられているが, サイトカインをはじめ炎症に関与する各種メディエータは中枢神経系の関与を受けていることが示唆された。しかし, ホルモンに見られるようなHPA axisのような明確な経路は現在不明であり, 誘導されるサイトカインの起源も中枢側か, 末梢側か検討が必要と思われた。さらに, サイトカインを初め多くの炎症に関与するメディエータ遺伝子にもsingle nucleotide polymorphism (SNP) が発見されており, 患者間での炎症反応の多様性も存在することから, 全身炎症反応は極めて微妙に制御された生体防御反応と考えられた。

We reviewed the host response to the invasion from the viewpoint of inflammatory cytokines and endothelial injury. We found the elevation circulating cytokines, IL-6 and IL-10, in patients with severe heat injuries, cerebrovascular diseases, and severe brain damage, while there was no signs of apparent inflammation. The host response to insult is thought to be the action of defense and be physiological, but the response of various cytokines might be controlled by the central nervous system. However, the strong course like HPA axis as seen in the induction of the hormones was unclear for now, and the reviewing of a future seemed to be necessary about whether these cytokine responses are from the central nervous system or from the peripheral sites. Moreover, single nucleotide polymorphisms (SNP) in various mediators including inflammatory cytokines were discovered recently, thus it does a very subtly controlled host defense response about the whole body inflammatory reaction in individuals.

収録刊行物

  • 蘇生

    蘇生 20(2), 126-130, 2001-07-20

    The Japanese Society of Reanimatology

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

ページトップへ