化学療法からみたハンセン病末梢神経障害抑制 The Control Leprous Peripheral Neuropathy and Chemotherapy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 儀同 政一 GIDOH Masaichi
    • 国立感染症研究所ハンセン病研究センター Leprosy Research Center, National institute of Infectious Diseases

抄録

抗らい菌活性を有するクラリスロマイシン(CAM),ロキシスロマイシン(RXM),ミノサイクリン(MINO),ホスホマイシン(FOM),フシジン酸(FA)は、抗炎症作用を示す。CAMとRXMはラットカラゲニン浮腫を、MINOはラットアジュバント関節炎を抑制する。またステロイド剤が免疫抑制作用を示すのに対し、CAM.RXM,MINO.FOMは免疫調節作用を示す。FAはcyclosporin Aに類似した作用を示し、免疫抑制作用がある。これら抗らい菌薬の免疫薬理学的作用を考慮し、炎症制御作用を持つCAM,RXMと抗炎症作用を持つFA,MINOを新たな併用薬として効果的に組み合わせることで末梢神経障害を抑制する多剤併用療法の可能性を検討した。

Clarithromycin(CAM), Roxithromycin(RXM), Minocycline(MINO) and Fosfomycin(FOM) has anti-inflammatory action and immunomodulatory activity, while the anti-<I>mycobacterium leprae</I> activity is shown. CAM and RXM suppress the rat carrageenin edema, and MINO suppresses the rat adjvant arthritis. There is the immunosuppression on adrenocorticosteroid while the inflammatory cytokine is suppressed. CAM, MINO, FOM suppresses the inflammatory cytokine, while it has the immunomodulatory activity. Fusidic acid(FA) suppresses the inflammatory cytokine with the action of being similar to cyclosporin A, and it has the immunomodulatory activity. New macrolides derivatives, CAM and RXM showed the inflammatory regulation, and MINO showed the anti-inflammatory activity with FA. The combination chemotherapy can be enforced, while peripheral neuropathy is prevented by the control of the leprosy reaction.

収録刊行物

  • 日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy

    日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy 68(2), 83-86, 1999-07-21

    Japanese Leprosy Association

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008625664
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10559906
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13423681
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ