医療機関における禁煙サポートのあり方に関する研究 : 看護婦を対象としたフォーカスグループインタビュー調査結果から IDENTIFYING PERCEIVED NEEDS AMONG NURSES IN PROVIDING THEIR PATIENTS WITH SMOKING CESSATION SUPPORT IN A JAPANESE HOSPITAL RESULTS FROM FOCUS GROUP INTERVIEWS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<b>目的</b> 本研究は,医療機関における禁煙サポートを推進するにあたり,病院看護婦を対象にニーズアセスメントを行い,得られた結果を基礎資料として,医療機関における禁煙サポートのあり方を検討することを目的とした。<br/><b>方法</b> 大阪府にあるがん(成人病)専門医療施設に勤務する看護婦32人を対象に,フォーカスグループインタビューを用いた定性調査を実施した。対象者の所属,役職,年齢を考慮し,6 グループにわけて実施した。インタビューの進行は,フォーカスグループインタビューの指導ならびに実施経験をもつ研究者と,その者から指導を受けた 1 人の計 2 人のモデレータが担当した。記録は,各グループ 2 人以上の記録者が筆記するとともに,録音テープで記録した。分析は,モデレータ,記録者,各インタビューに観察者として参加した者が集まり複数の者で行った。<br/><b>結果</b> 調査時に行われていた禁煙サポートは,禁煙するよう声をかけるというものが中心で,禁煙のためのカウンセリングや喫煙の健康影響に関する教育・啓発などは行われていなかった。また,看護婦は禁煙サポートを行う上で多くの問題を感じており,禁煙サポートをすすめる上で整えるべき条件,今後の禁煙サポートの進め方についても多様な考えをもっていたことが観察された。<br/><b>考察</b> 看護婦の患者への禁煙サポートに対するニーズや考えを幅広く把握することができたことから,本研究にフォーカスグループインタビューを用いたことは有用であったと考えられた。また,インタビューで得られた結果を基礎資料として,医療機関における禁煙サポートのあり方を検討したところ,看護婦をはじめ指導者が禁煙サポートに関する知識や態度を形成し指導スキルを身につけること,禁煙サポートの治療や看護における位置付けを明確にすること,すべての医療従事者とりわけ患者への影響力の強い医師が積極的に禁煙サポートに関与すること,病院内の禁煙サポートの妨げとなる環境を整備すること,病院組織としてすべての職員や関係者が喫煙対策や禁煙サポートを理解している環境が整備されることが必要であると考えられた。したがって,医療機関で禁煙サポートを効果的に推進するためには,指導者トレーニングや環境整備など,多面的な取り組みが必要であると考えられた。

<b>Objective</b> To identify perceived needs among nurses in providing their patients with smoking cessation support in a Japanese hospital.<br/><b>Subjects</b> Thirty-three female nurses who were interested in providing their patients with smoking cessation support in the hospital setting participated in focus group interviews. They conducted six focus group interviews segmented by age, working conditions (e.g., outpatient or inpatient sections) and occupational class (e.g., administrative post or not).<br/><b>Design</b> An experienced researcher moderated two focus groups and another researcher who received training moderated four focus groups. At least two observers hand-recorded participants' conversations in each group and all groups were also tape-recorded. Moderators and observers analyzed the focus group data together.<br/><b>Results</b> We found that smoking cessation counseling or health education on effects of smoking to be rarely conducted in the hospital. The study participants ordinarily just told patients to stop smoking. They mentioned several barriers to conducting smoking cessation support and suggested a number of ideas to promote this aim in the hospital.<br/><b>Conclusions</b> The focus group interview is an effective means to determine the needs and interests of Japanese health professionals. Nurses have many opinions and insights for supporting smoking patients. To introduce a smoking cessation program into hospitals, there are various problems that should be solved. First, nurses and other health professionals should have accurate knowledge, positive attitudes and appropriate skills for smoking cessation support. Second, smoking cessation support should be programmed as part of treatment or nursing. Third, healthcare professionals, especially doctors, should collaborate in supporting patients to stop smoking. Fourth, the hospital environment should be modified to promote smoking cessation. Finally, hospitals should develop a consensus among all staff about the importance of smoking cessation support and smoking control activities. As the result, multidimensional strategies are needed to effectively promote smoking cessation support in the hospital setting.

収録刊行物

  • 日本公衆衛生雑誌

    日本公衆衛生雑誌 49(1), 41-51, 2002-01-15

    Japanese Society of Public Health

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008646980
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189323
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    05461766
  • NDL 記事登録ID
    6063185
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-216
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ