小児のタイプA行動パターンに関する研究 : タイプAを構成する競争性および焦燥・攻撃性と生活習慣関連因子との関わり A STUDY OF SCHOOL CHILDREN WITH TYPE A BEHAVIOR PATTERN ASSOCIATION OF "COMPETITIVENESS" AND "IMPATIENCE-AGGRESSION" WITH LIFESTYLE-RELATED FACTORS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<b>目的</b> 小中学生のタイプ A 行動パターンと小児生活習慣病関連の検査成績および生活習慣との関連を検討する。<br/><b>方法</b> 埼玉県 I 町の小学 4 年生(277人)および中学 1 年生(297人)に対して,山崎の日本版児童用タイプ A 検査(MYTH)を用いてタイプ A 行動パターンを測定し,同時期に行われた小児生活習慣病予防検診成績,さらに,運動習慣,食習慣に関する項目を含む調査を行い,タイプ A 得点との関連を分析した。<br/><b>成績</b> タイプ A 合計得点は,全体および男子において,小学 4 年生は中学 1 年生よりも高い傾向がみられた。学年別に,全17項目の得点を変数として因子分析を行った結果,タイプ A 行動パターンは「競争性因子」,「焦燥・攻撃性因子」の 2 因子に展開された。両群間の因子スコアの差をみたところ,男女とも小学 4 年生は中学 1 年生よりも「焦燥・攻撃性因子スコア」が有意に高かったが,「競争性因子スコア」は差がみられなかった。「競争性因子スコア」は小中学生とも「スポーツや運動が好き」,「授業以外のスポーツをしている」群が有意に高く,小学 4 年生では「食べ過ぎと親に言われる」(いいえ),「食べるスピードが速いか同じ」群が有意に高かった。「焦燥・攻撃性因子スコア」は小中学生とも授業以外のスポーツをしていない群,スポーツが好きでない群,「菓子を食べながら TV,本をみる」群が高い傾向を示した。また,小学 4 年生では「いつも腹一杯になるまで食べる」群が有意に高く,中学 1 年生では「よく噛んで食べる(いいえと回答)」,「食べ過ぎと親に言われる」群が高い傾向を示した。中学 1 年生は,動脈硬化指数と「競争性因子スコア」との間に有意な負の相関,「焦燥・攻撃性因子スコア」との間には逆に有意な正の相関がみられた。また,動脈硬化指数が高い群ほど「競争性因子スコア」は低値を示し,逆に「焦燥・攻撃性因子スコア」は動脈硬化指数が高い群ほど高値を示す傾向がみられた。<br/><b>結論</b> タイプ A 行動パターンを「競争性」と「焦燥・攻撃性」の 2 サブタイプ別に分析することにより,生活習慣および動脈硬化指数との関連を見出した。これらのサブタイプを表す因子スコアを指標として,タイプ A 行動パターンを追跡調査することは,今後の小児のタイプ A 型行動パターンと虚血性心疾患リスクとの関連研究に有用であると考えられた。

<b>Purpose</b> To study associations of the type A behavior pattern with the results of physical and blood examinations and data from a questionnaire on lifestyle for elementary school and junior high school students.<br/><b>Methods</b> 277 elementary school students of 4th grade (9-10y) and 297 junior high school students of 1st grade (12-13y) in a community in Saitama who completed a test for the type A behavior pattern developed by Yamasaki, underwent physical and blood examinations for parameters like serum cholesterol, blood pressure, height and weight and were administered a questionnaire concerning lifestyle.<br/><b>Results</b> Points of the test for a type A behavior pattern were higher in 9-10y than in 12-13y individuals (both sexes or boys). Factor analysis applying 17 items of the test for type A behavior as variables demonstrated two common factors; "competitiveness" and "impatience-aggression". Mean impatience-aggression scores for individuals were significantly higher in 9-10y than in 12-13y children; however, the competitiveness score showed no significant difference between the two groups. Higher competitiveness scores were shown by children who prefer sports or play sports after school, also in 9-10y children not warned against excess eating or not eating slowly by their parents. Higher impatience-aggression scores were shown by children not preferring sports, not playing sports after school, eating while watching TV or reading books, and also in 9-10y children eating until full, and in 12-13y children not chewing foods well or who were warned of excess eating by parents. 12-13y students having a higher atherosclerosis index showed low competitiveness and high impatience-aggression scores.<br/><b>Conclusion</b> By analyzing two factors included in the type A behavior pattern in school children, we found associations with lifestyle and the atherosclerosis index. The results provide a basis for further follow-up studies on the relationship between type A behavior pattern and prevention of future cardiovascular disease.

収録刊行物

  • 日本公衆衛生雑誌

    日本公衆衛生雑誌 49(3), 167-177, 2002-03-15

    Japanese Society of Public Health

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008647022
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189323
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05461766
  • NDL 記事登録ID
    6129000
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-216
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ