乳幼児における鉄欠乏性貧血の有病率 THE PREVALENCE OF IRON DEFICIENCY ANEMIA AMONG 6-TO 18-MONTH-OLD CHILDREN IN JAPAN

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<b>目的</b> 乳幼児期の鉄欠乏性貧血は精神運動発達の遅れの原因となるが,早期発見し治療することで精神運動発達が改善することが示されている。しかし日本における乳幼児期の鉄欠乏性貧血の有病率は明らかでなく,スクリーニングを検討する価値があるほど多いかどうか不明である。本研究の目的は,地域の乳幼児における鉄欠乏性貧血の有病率を調べることである。<br/><b>方法</b> [デザイン]横断研究。[設定]愛知県新城市,南・北設楽郡の一部(稲武町,東栄町,設楽町,津具村,豊根村,作手村),岩手県東磐井郡藤沢町で実施した初回の乳幼児期の鉄欠乏性貧血のスクリーニング。[対象者]各市町村のスクリーニングで,参加を呼びかけた 6~18か月児。[測定項目]皮膚穿刺により毛細血管血を採取し,ヘマトクリット値を測定した。ヘマトクリット値が低値(スクリーニングの初期[岩手県東磐井郡藤沢町,および南・北設楽郡の一部の東栄町と稲武町]においてはヘマトクリット値36%以下,その後はヘマトクリット値34%以下)の場合は要精査として静脈採血を施行し,ヘモグロビン値を測定した。ヘモグロビン値が11.0 g/d<i>l</i> 未満の場合を貧血とし,保護者の希望する医療機関に紹介し,鉄剤処方を依頼した。1 か月の鉄剤投与でヘモグロビン値が1.0 g/d<i>l</i> 以上上昇した場合を鉄欠乏性貧血とした(治療試験)。<br/><b>結果</b> 161人がスクリーニングに参加した(参加率57%,161/283)。毛細血管血のヘマトクリット値の平均値±標準偏差は35.9±2.2%であった。貧血の有病率は 8%(13/161,95%信頼区間,4~13%),治療試験による鉄欠乏性貧血の有病率は 4%(7/161,95%信頼区間,2~9%)であった。各市町村間で,ヘマトクリット値の平均値,貧血と鉄欠乏性貧血の有病率に有意差はなかった。また,ヘマトクリット値の要精査基準値の変更の前後でヘマトクリット値の平均値と貧血の有病率,鉄欠乏性貧血の有病率に有意差はなかった。<br/><b>結論</b> 本研究の対象市町村では乳幼児の貧血,鉄欠乏性貧血は多く,スクリーニングの導入を検討する価値がある。乳幼児において鉄欠乏性貧血が多いことが,日本で一般的にもみられるかを調べるためには,より大規模な代表性のある乳幼児を対象とした研究が必要である。

<b>Background</b> Iron deficiency anemia is one of the treatable causes of developmental delay in infants and is therefore screened in several countries. However, in Japan, a screening program for anemia among infants has not been introduced and data on the prevalence of iron deficiency anemia and results of therapeutic trial with iron supplementation are limited.<br/><b>Objective</b> To examine the prevalence of anemia, diagnosis was made with venipuncture blood and iron deficiency anemia was confirmed in a therapeutic trial of infants in Japanese communities.<br/><b>Participants</b> Six-to 18-month-old infants participated in the anemia screening program in Shinshiro city and Shitara districts, Aichi, and Fujisawa town, Iwate, Japan.<br/><b>Methods</b> Capillary blood samples in microtubes were obtained by skin puncture, and centrifuged to measure the hematocrit. When the value was low, venipuncture blood was examined. A hemoglobin concentration under 11 g/d<i>l</i> was judged as a positive result. Anemic infants were referred to pediatrics for prescription of ferrous sulfate. Iron deficiency anemia was defined as a hemoglobin concentration elevated by 1 g/d<i>l</i> or more with a 4-week regimen of ferrous sulfate (therapeutic trial).<br/><b>Results</b> Of 283 eligible infants, 161 were screened (participation rate, 57%). Mean (SD) microhematocrit by skin puncture was 35.9(2.2)%. Thirteen infants (8%, 95%Cl: 4 to 13%) were anemic, and 7 infants (4%, 95%Cl: 2 to 9%) demonstrated iron deficiency anemia in the therapeutic trial. There was no significant difference between study sites in mean microhematocrit, and prevalence of anemia or iron deficiency anemia.<br/><b>Conclusions</b> The prevalence of anemia and iron deficiency anemia among infants in the study communities is high enough to warrant considering routine screening. Further studies are needed to determine whether a high prevalence of anemia is widespread in Japan.

収録刊行物

  • 日本公衆衛生雑誌

    日本公衆衛生雑誌 49(4), 344-351, 2002-04-15

    Japanese Society of Public Health

参考文献:  37件中 1-37件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008647327
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189323
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05461766
  • NDL 記事登録ID
    6158174
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-216
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ