フォーカスグループをもちいた高齢者の医療機関および主治医への期待に関する質的調査 FOCUS GROUP INVESTIGATION ON EXPECTATIONS OF ELDERLY PEOPLE FROM HEALTH CARE FACILITIES AND PHYSICIANS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<b>目的</b> 高齢者の受療行動のメカニズムを調べることを目的に,高齢者が開業医や地域医療機関,高次医療機関にどのようなニーズを持っているのか,主治医に何を求めているのかに関する質的調査を行った。<br/><b>方法</b> 65歳以上の高齢者に対してフォーカスグループインタビューを行い,医療機関や主治医に何を求めるのかに関する 8 つのテーマに基づいたグループディスカッションを行った。調査終了後,フォーカスグループで抽出されたデータの考察を補完するため,フォローアップアンケートを参加者全員に行った。<br/><b>結果</b> 無床診療所には「医療設備」や「緊急時の対応」に不満を感じる一方で,「(同じ医師による)継続的管理を受けられる」ことや「(診療や投薬に対する)希望を考慮してくれる」ことをメリットとして挙げた。一方,町立病院には「医師が頻繁に変わる」ことや「診療能力に限界がある」ことをデメリットとしながらも「開業医にはない診療科や機器がある」ことや「人柄に惹かれる医師がいる」ことを理由に受診していることが多くのグループで話された。大病院に対しては「設備」,「診療科」,「専門医」をキーワードとして「医療レベルが高く,重症疾患にも対応できる気がする」と表現する信頼感を多くの参加者が語った。また,医療従事者全般に対しては"コミュニケーションの取りやすさ"としての「心のつながり」,すなわち"気軽に話しのできる関係"を求めていることを強調していた。フォローアップアンケートでは,「総合的な診療能力」に対する優先順位が主治医の診療能力に関わるその他の 2 つの要素に比べて有意に低く,一方,主治医のパーソナリテイに関わる要素としては「聞き手としての能力」の優先順位が「話し手としての能力」のそれと有意差をもって高かった。<br/><b>結論</b> 今回のフォーカスグループの結果から,患者は医療機関の種類によってニーズを使い分けている可能性が示唆された。特に開業医に対しては"心のつながり"と「適切に専門医へ紹介できる能力」を,大病院には医療機器や複数の診療科に対する期待がより強いことが予想された。また,主治医には全般的に「総合的な診療能力」よりも「専門的な診療」ないしは「専門医に適切に紹介する能力」を,「わかりやすく説明する能力」よりも「話しをじっくり聞いてくれること」を期待する傾向にあることが推測された。

<b>Introduction</b> While the elderly are intensive health care users, little is known about their expectations of various medical facilities and physicians. We investigated their views on adventages and disadvantages of different medical settings.<br/><b>Methods</b> We established four focus groups and surveyed elderly people living in a rural area accessible to local practitioner's offices, and community, regional, and university hospitals, The focus groups examined advantages and disadvantages of care from these facilities. A coding scheme was used to organize the data in thematic categories, In a mail survey, participants ranked the importance of specialty care; overall care; triage of patients; gentle personality; listening skills; and explanation skills, The data were analyzed for statistical differences between the various settings.<br/><b>Results</b> Total of 41 elderly participated in focus groups, and 40 individuals (response rate 98%) returned statistical surveys. Advantages of care from a primary care doctor included continuity and physician accommodation of patients' preferences, while limited medical services and urgent access were disadvantages. Advantages of the community hospital included expanded medical facilities and having doctors easy to talk with, while disadvantages included lack of trust and frequent turnover. Advantages of larger facilities included extensive medical equipment, a broad range of departments and specialists, and more expert care. The survey revealed expectations for expert triage skills and familiarity with a doctor who is easy to talk with, particularly primary care doctor.<br/><b>Discussion</b> These elderly subjects expect primary care and community doctors to be accessible and to exhibit excellent behavioral and communication skills, They expect more specialized and technical care in larger hospitals.

収録刊行物

  • 日本公衆衛生雑誌

    日本公衆衛生雑誌 49(2), 114-125, 2002-02-15

    Japanese Society of Public Health

参考文献:  28件中 1-28件 を表示

被引用文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008653571
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189323
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    05461766
  • NDL 記事登録ID
    6094633
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-216
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ