肝障害の経過観察中に一過性にLactate dehydrogenase (LD)アノマリーが出現した一症例 : M-蛋白ならびに抗核抗体の消長との関連性について Studies on a Case of Hepatic Disease Associated with Transiently Appearing Lactate Dehydrogenase Anomaly, Monoclonal Gammopathy and Anti-nuclear Antibody Positivity

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日大醫學雜誌

    日大醫學雜誌 54(4), 237-244, 1995-04-01

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008655446
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018408X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00290424
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ