片側遊離端欠損に使用したスギナカリーゲル・デンチャーの臨床報告 : 特に5 6 7欠損症例において Clinical report of partial denture using "SUGINAKA RIEGEL" in free-end missing teeth : 5 6 7 missing case

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本歯科技工学会雑誌

    日本歯科技工学会雑誌 23(1), 114-117, 2002-06-10

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008685476
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10040381
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09147713
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ