褐色細胞腫・神経節腫混合腫瘍によるWDHA症候群の1例 WDHA syndrome by composite pheochromocytoma and ganglioneuroma

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は51歳,男性.水様性下痢,四肢脱力で近医受診.低K血症,右副腎腫瘍を認め当科紹介となった.血中vasoactive intestinal polypeptide (VIP),血中・尿中カテコラミンおよびその代謝産物の高値を認めwatery diarrhea-hypokalemia-achlorhydria (WDHA)症候群を呈した褐色細胞腫と診断.腫瘍摘出術後,臨床症状,各種検査値の改善が得られた.病理組織像より,褐色細胞腫・神経節腫混合腫瘍でVIP分泌は神経節腫部由来と判明した.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 91(5), 1585-1588, 2002-05-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008695666
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025074507
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ