成人マイコプラズマ肺炎における血清およびBALF中のECPの臨床的意義 Clinical Significance of Eosinophilic Cationic Protein in Serum and Bronchoalveolar Lavage Fluid of Adult Patients with Mycoplasmal Pneumonia

この論文をさがす

著者

    • 矢野 敬文 YANO Takafumi
    • 国立病院九州医療センター呼吸器内科・臨床研究部 Department of Respiratory Medicine, National Kyushu Medical Center
    • 斉藤 聖子 SAITO Seiko
    • 国立病院九州医療センター呼吸器内科・臨床研究部 Department of Respiratory Medicine, National Kyushu Medical Center
    • 北里 裕彦 KITAZATO Yasuhiko
    • 国立病院九州医療センター呼吸器内科・臨床研究部 Department of Respiratory Medicine, National Kyushu Medical Center
    • 古賀 英之 KOGA Hideyuki
    • 国立病院九州医療センター呼吸器内科・臨床研究部 Department of Respiratory Medicine, National Kyushu Medical Center
    • 熊沢 浄一 KUMAZAWA Jyoichi
    • 国立病院九州医療センター呼吸器内科・臨床研究部 Department of Respiratory Medicine, National Kyushu Medical Center

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 75(1), 36-41, 2001-01-20

    日本感染症学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008702555
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875911
  • NDL 記事登録ID
    5652094
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-193
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ