1999/2000年シーズンにおける医療従事者に対する不活化インフルエンザワクチンの効果 Effectiveness of Influenza Vaccine in Health-care Workers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1999/2000年シーズンにおける医療従事者に対する不活化インフルエンザワクチンの効果について検討した. 対象は石川県立中央病院に勤務する医療従事者849名アンケートに回答した727名 (年齢20歳~68歳, 男性122名, 女性605名) で, 希望者に対してインフルエンザワクチンを2回法で接種した.<BR>インフルエンザ様疾患の指標として, 熱性疾患, 重症熱性疾患および発熱性上気道疾患を用いたが, いずれもワクチン接種群 (132名) は非ワクチン接種群 (595名) に比べ有意に罹患数が少ないことが判明した.さらに, 欠勤日数, 医療機関の受診数, 抗生物質の投与数, および市販の感冒薬の服用数もワクチン接種群において有意に少なかった.<BR>したがって, 1 999/2000シーズンにおいてワクチン接種は, 職員の健康管理, 病院機能の維持, および職員-患者間の伝搬予防のために有効であり, 今後も医療従事者に対して奨められるべきものと考えられた.

We examined the effectiveness of trivalent influenza vaccine in reducing illness, absenteeism, and health care use among health-care workers (HCW) of Ishikawa Prefectural Central Hospital from December 1999 through March 2000.<BR>In recipients of vaccine (n=132), the numbers of febrile illness, severe illness, febrile upper respiratory tract illness were significantly reduced compared with HCW without vaccination (n=595). Use of prescription antibiotics and over-the-counter medications was also reduced. Influenza vaccine also reduced the reported days of work absence.<BR>These data support a policy of annual influenza vaccination of HCW.

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 75(10), 851-855, 2001-10-20

    The Japanese Association for Infectious Diseases

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008703895
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875911
  • NDL 記事登録ID
    5950410
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-193
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ