JAVA言語を用いた有限境界条件下での電気化学測定の可視化と電気化学教育への応用(2) Visualization of Electrochemical Measurements under Finite Conditions using JAVA and Its Application for Assisted Learning (2)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

機能性分子分散高分子膜被覆電極(Figure 1)などの有限境界条件下において、電極と機能性分子の反応速度を考慮しながら電気化学測定をシミュレートするプログラムをJAVA言語を用いて作成した。このプログラムでは,サイクリックボルタモグラムおよび,ポテンシャルステップ時における時間電流曲線(および電荷伝播率),電極近傍の濃度分布の時間変化をシミュレートすることができる。また,シミュレート結果はテキストボックス内に数値と表示され,クリップボードを介して他のソフトに転送することが可能である。CVにおいて交換電流密度が減少すると、アノードピークとカソードピークのポテンシャル差は増大し、ピーク電流値は減少した(Figure 4(a))。また、コットレルプロットにおいて、交換電流密度が減少すると初期の電流値が減少した(Figure 4(b))。このプログラムはHTML文書中に組み込むことにより電気化学の動的なテキストとして活用できる(Figure 2)。

A program written in JAVA language was developed for the virtual electrochemical measurement of a modified electrode with a finite diffusion thickness, e.g., an electrode coated with polymer film in which functional molecules were dispersed. This program, called ES-2, can simulate cyclic voltammetry and potential-step chronoamperospectrometry by considering the rate of charge injection from the electrode to the functional molecule and the diffusion of charge. The results are shown by a voltammogram (I-V curve), and concentration distribution in the layer at a series of voltages at cyclic voltammogram mode, I-t curve, and time dependence of concentration distribution in the layer at potential step mode and a text of current values, the fraction of the oxidized molecules (<I>R<SUB>CT</SUB></I>) and parameters used for the simulation in both modes. A dynamic textbook of electrochemistry can be constructed by this program combined with HTML text.

収録刊行物

  • The Journal of chemical software

    The Journal of chemical software 8(2), 41-46, 2002-06-15

    日本コンピュータ化学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

  • <no title>

    MARTIN C. R.

    J. Am. Chem. Soc 104, 4817, 1982

    被引用文献2件

  • <no title>

    VINING W. J.

    Inorg. Chem. 25, 2023, 1986

    被引用文献2件

  • <no title>

    ANSON F. C.

    J. Am. Chem. Soc. 113, 1922, 1991

    被引用文献3件

  • <no title>

    LONG J. W.

    J. Am. Chem. Soc. 100, 5492, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    BENEDETTO G. E.

    Biosensors & Bioelectronics 11, 1001, 1996

    被引用文献2件

  • <no title>

    KANEKO M.

    Organic Conductive Molecules and Polymers 4, 669, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    SHIROISHI H.

    J. Chem. Software 7, 145, 2001

    被引用文献2件

  • <no title>

    FUJISHIMA A.

    Denkikagakusouteihou, 1984

    被引用文献3件

  • <no title>

    http://klab01.sci.ibaraki.ac.jp/〜kanekolab/electrochem2.html

    被引用文献1件

  • <no title>

    YAGI M.

    J. Phys. Chem. 100, 11098, 1996

    DOI 被引用文献6件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008707562
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10470405
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09180761
  • NDL 記事登録ID
    6369802
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業) // ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z17-1611
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ