TURBtおよびMVAC療法後の膀胱部分切除術により膀胱温存可能と考えられたG3浸潤性膀胱癌の2例 Bladder-sparing Approach of G3, Invasive Bladder Transitional Cell Cancer by Partial Cystectomy after Transurethral Resection and Neoadjuvant Therapy : 2 Case Reports with a Major Pathological Response (pT0)

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本癌治療学会誌

    日本癌治療学会誌 31(1), 45-48, 1996-01-20

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008714213
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187361
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00214671
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ