抗HIV療法開始判断のためのMT-2 assay の有用性 Usefulness of MT-2 Assay to Decide when to Start Anti-HIV Therapy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 井田 節子 IDA Setsuko
    • 国立国際医療センターエイズ治療・研究開発センター AIDS Clinical Center, International Medical Center of Japan
    • 田中 真理 [他] TANAKA Mari
    • 国立国際医療センターエイズ治療・研究開発センター AIDS Clinical Center, International Medical Center of Japan
    • 相沢 佐織 AIZAWA Saori
    • 国立国際医療センターエイズ治療・研究開発センター AIDS Clinical Center, International Medical Center of Japan
    • 岡 慎一 OKA Shinichi
    • 国立国際医療センターエイズ治療・研究開発センター AIDS Clinical Center, International Medical Center of Japan

抄録

HIV感染症の経過中にsyncytium inducing virus (SIウイルス) が出現すると, 以後急激にCD4陽性リンパ球 (CD4数) が減少し, 病状の進行することが知られている.我々はMT-2細胞を用いたSIウイルスの検出 (MT-2 assay) が, HIV治療開始時期の判断基準の1つとなりうるかどうかについて, 1995年から4年にわたり臨床研究を行ってきた.現在までに172名483検体についてMT-2assayを行い, 20名からSIウイルスを検出した.SIウイルスの検出率は, CD4数の低下と血漿中HIV RNA量の増加に伴い上昇した.そのうちCD4数が300/μl以上で無治療の患者の中から5名においてSIウイルスが検出され, その後ただちに抗ウイルス治療を開始した.このうち4年以上経過を追えた3名は, CD4数も安定しており, 良好な経過を取っている.これに対し, SIウイルスが検出 (検出時CD4数;284/μl) されたが治療出来なかった1例では, 1年後の受診時にCD4数の約200/μlの低下を認め, AIDSを発症していた.今回検討した例においては, SIウイルスの出現を治療開始の判断基準としたことは, 予後の改善につながっていたと考えられた.

It is well known that the emergence of syncytium inducing (SI) variant correlates accelerated CD4 decline and disease progression during the course of HIV infection. We have conducted a clinical study to investigate whether or not detection of SI by MT-2 cells (MT-2 assay) can be a clinical marker to decide when to start anti-HIV therapy since 1995. We examined 483 blood samples obtained from 172 HIV-infected patients by the MT-2 assay. SI was detected from 20 patients. There were five untreated patients whose CD4 counts were 300/μl or more. Anti-HIV combination therapies were started soon after detection of SI in all of them. We have followed their clinical courses for more than 4 years, so far, in three of them. Their CD4 counts and clinical courses were both stable. In contrast, in another patient who could not receive any anti-HIV therapy even though SI positive, decline of CD4 was very rapid (200/μl/year) and the disease progressed to AIDS within one year as like other SI positive cases before the era of several approved anti-HIV drugs. According to these distinct prognosis, the MT-2 assay might be a useful clinical marker for deciding anti-HIV therapy at least in our limited cases.

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 73(9), 909-917, 1999-09-20

    The Japanese Association for Infectious Diseases

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008716442
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875911
  • NDL 記事登録ID
    4849723
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-193
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ