慢性緑膿菌気道感染症におけるMPO,TNFαおよびIFNγの意義に関する研究 Study on Pathogenetic Role of Myeloperoxidase, Tumor Necrosis Factor Alpha, Interferon Gamma in Chronic Airway Infection with Pseudomonas aeruginosa

この論文をさがす

著者

    • 武田 英紀 TAKEDA Hideki
    • 杏林大学大学院医学研究科内科系内科学I First Department of Internal Medicine, Kyorin University, School of Medicine

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 72(4), 395-409, 1998-04-20

    日本感染症学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008717841
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875911
  • NDL 記事登録ID
    4482710
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-193
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ