栄養低下時における感染の併発 Complication of Infection in Malnutritional Status

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年compromisedhostにおける日和見感染の実態が次第に明らかにされ, それらの感染症に対する治療の指針が述べられている.これらcompromisedhostにおける感染症の研究については数多くの成績が発表されているが, これらの病態における感染の発症が, 宿主の免疫能や栄養状態とどのようにかかわり合っているかを追求したものは極めて少ない.<BR>私達が行った成績では, 肺癌, 肝癌, 腎不全などの患者において, これら患者の免疫能は栄養状態によって影響をうけ, 栄養が不良になると免疫能の低下も著明になることが確かめられた.すでに手術を施行した患者においては, 術前に栄養の評価が行われ, その改善のための対策を講ずることによって予後を改善せしめようとの努力がなされているが, 多くの疾患においても, 宿主の栄養状態の管理は極めて重要で, その対策が感染の併発や疾病の予後を左右する要因であることを強調したい.

Recently, the therapeutic guideline has been mentioned in opportunistic infection of the compromised host, and many observations regarding complication of infection in these hosts have been reported. However, there were few reports in the relationship between infection and immune function or nutritional status.<BR>In this study, we confirmed that the nutritional status influences immune function in patients with lung cancer, hepatoma and renal failure, and that malnutrition markedly reduces their immunity. In patients after operation who where the pre-operative assessment of the nutritional status was performed an attempt to improve the nutritional status has been already made to improve their prognosis. Therefore, we emphasize that the management of the nutritional status even in hosts with many other diseases is thought to be important in protection against infection and prognosis of the disease.

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 72(6), 569-574, 1998-06-20

    The Japanese Association for Infectious Diseases

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008718153
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03875911
  • NDL 記事登録ID
    4503062
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-193
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ