長期経過観察しえた肝炎ウイルス(HBY,HDV,HCV)陽性肝細胞癌の1例 Long-term Follow-up of a Patient with Hepatovelular Carcinoma Associated with Triple Hepatitis Virus (HBY,HDV,HCV) Infection

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本邦でのデルタ肝炎の長期観察例は少なく, 肝疾患との関係も判然としてない. B型肝炎ウイルス (HBV), デルタ肝炎ウイルス (HDV) およびC型肝炎ウイルス (HCV) 抗体陽性肝細胞癌を約7.5年間経過観察した一例を経験した.<BR>[症例] 69歳, 男性. 1949年から約1.5年間, 塩酸メタンフェタミン15mg-30mg/日, 常用していた. 刺青 (+). 1975年より肝機能障害で某院に通院, 1984年2月肝硬変のため, 国立呉病院に紹介された. 1989年11月腹腔内鏡, 肝生検で肝硬変を伴う肝細胞癌と診断した. 以後肝動脈塞栓術を3回行った. 1995年2月, 全身倦怠, 食欲不振のため入院, 7月頃より肝腫瘍マーカー (AFP, PIVKA-II) の上昇, 全身状態が徐々に悪化し1996年1月死亡した. HBs抗原, 抗HDV抗体は1984年8月, 抗HCV抗体は測定開始時の1990年より持続陽性であった. また, 肝生検, 剖検材料より非癌組織中にデルタ抗原を証明した.<BR>本症例はHBV, HDV, HCVの三重感染に発症した肝硬変に肝細胞癌を併発したにもかかわらず, 肝動脈塞栓術の効果により長期生存したと思われる.

A 69-year-old Japanese man with hepatocellular carcinoma (HCC) associated with triple heptitis viruses [hepatitis B virus (HBV), hepatitis C virus (HCV), and hepatitis D virus (HDV)] infection is reported. The patient had a past history of intravenous drug abuse and a tattoo on his back. A liver biopsy, performed in November 1989, showed HCC associated with cirrhosis. HBsAg and anti-HD antibody had been detected repeatedly starting in August 1984 and anti-HCV antibody was detected in 1990. By indirect immunoperoxidase staining the HD antigen was detected in the nuclei of hepatocytes of biopsy specimens and noncancerous liver cells obtained from autopsy specimens.<BR>Liver cirrhosis associated with triple hepatitis virus infection developed to hepatocellular carcinoma, and transcatheter arterial embolization treatment for HCC was effective. Despite having HCC and cirrhosis, the patient lived well beyond the expected time.

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 72(11), 1188-1192, 1998-11-20

    The Japanese Association for Infectious Diseases

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008719219
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875911
  • NDL 記事登録ID
    4605847
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-193
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ