Human papillomavirus感染症診断におけるhybrid captute法の有用性 Usefulness of Hybird Captute HPV DNA Assay as a Diagnostic Tool for Human Papillomavirus Infection

この論文をさがす

著者

    • 久保田 武美 KUBOTA Takeyoshi
    • 順天堂大学医学部附属順天堂浦安病院産婦人科 Department of Obastetrics and Gynecology, Juntendo-University, Juntendo Urayasu Hospital
    • 石和 久 ISHI Kazuhisa
    • 順天堂大学医学部臨床病理 Department of Clinical Pathology. Juntendo University, School of Medicine
    • 宇津野 栄 UTSUNO Sakae
    • 順天堂大学医学部附属順天堂浦安病院産婦人科 Department of Obastetrics and Gynecology, Juntendo-University, Juntendo Urayasu Hospital
    • 猪狩 淳 IGARI Jun
    • 順天堂大学医学部臨床病理 Department of Clinical Pathology. Juntendo University, School of Medicine

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 72(11), 1219-1224, 1998-11-20

    日本感染症学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008719278
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875911
  • NDL 記事登録ID
    4605852
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-193
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ