ビルハルツ住血吸虫症 : 日本人輸入感染の1例 Schistosomiasis Haematobium : A Case Imported by a Japanese Patient

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大西 健児 OHNISHI Kenji
    • 東京都立墨東病院感染症科 Department of Infectious Diseases, Tokyo Metropolitan Bokutoh General Hospital

抄録

25歳の日本人女性が, 1994年5月から9月までアフリカ諸国を約20人で観光旅行した.その後イギリスに滞在し, 同年12月に日本に帰国した.イギリスに滞在中のアフリカ旅行同行者がビルハルツ住血吸虫症と診断されたため, ビルハルツ住血吸虫感染の検査目的で1995年2月16日に当院を受診した.受診時に自覚症状はなく, 尿中に虫卵を認めなかった.1996年7月15日に再度当院を受診したところ, 自覚症状はなかったが末梢血液検査で好酸球増多および尿中にビルハルツ住血吸虫卵を認めた.無症候性ビルハルツ住血吸虫症と診断し, プラジカンテルで治療した.ビルハルツ住血吸虫は日本国内には存在せず, その感染症は日本人医師にはなじみの薄い疾患である.熱帯や亜熱帯地域から帰国した人には, 国内に存在しない本症のような感染症も考えて対処する必要がある

Schistosomiasis haematobium is a common infectious disease in certain countries in Africa and western Asia. However to our knowlege, only three Japanese patients have been reported to have this disease in Japan in the 1990's, and in all three cases the disease was contracted outside of Japan. Recently, we treated a non-symptomatic Japanese patient infected with <I>Schistosoma haematobium</I> who had recently returned from Africa. The purpose of this report is to emphasize the importance of parasitological investigation for people who have visited or resided in tropical developing countries, even if no symptoms of infection are evident.

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 71(7), 672-674, 1997-07-20

    The Japanese Association for Infectious Diseases

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

ページトップへ