鹿児島県北部大隅地区におけるツツガムシ病の臨床的血清学的検討 Clinical and Serological Study of Tsutsugamushi Disease in Northern Osumi, Kagoshima Prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鹿児島県北部大隅地区のツツガムシ病患者を対象に, ツツガムシ病リケッチア各株に対する血清抗体価の測定を行い, 浸淫するリケッチアの血清型の検討を行った.34名の患者のうち19名 (55.9%) がKawasaki株に, 13名 (38.2%) がKuroki株に最も高い血清抗体価を示した.また, 2名 (5.9%) の患者は最も高い抗体価を示す株を特定できず, このうち1名はGilliam株, Karp株, Kato株およびKuroki株の4株に, 他の1名はGilliam株とKawasaki株の2株に同程度の血清抗体価を示していた. この地区では, ツツガムシ病リケッチアはKawasaki型とKuroki型が分布し, Kawasaki型が優勢であることが示唆された.10病日以内の治療前の患者についてCRP, 白血球数, 血小板数, GOT, GPTおよびLDHを比較したが, Kawasaki型とKuroki型の両群の患者でいずれにも有意差は認められなかった.

We report 34 cases of tsutsugamushi disease seen from 1989 to 1993 at Yagi Clinic, northern Osumi, Kagoshima Prefecture. Nineteen patients (55.9%) showed the highest antibody titers against the Kawasaki strain <I>Orientia tsutsugamushi (Ot) </I> and 13 (38.2%) against the Kuroki strain <I>Ot</I>. It is suggested that two antigenic types (Kawasaki and Kuroki) of <I>Ot</I> were distributed in Kagoshima Prefecture, and the Kawasaki type <I>Ot</I> more or less dominates Kuroki type <I>Ot</I>. There was no difference in clinical features between the two groups of patients.

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 71(12), 1193-1198, 1997-12-20

    The Japanese Association for Infectious Diseases

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008722042
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875911
  • NDL 記事登録ID
    4369104
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-193
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ