高濃度グルコースによるヒト好中球の抗カンジダ活性に対する抑制効果と, アミノ酸添加によるその抑制効果の低下 Suppression of Anti-Candida Activity of Human Neutrophils by Glucose and Diminishment of the Glucose Effect by an Amino Acid Mixture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ヒト好中球の<I>Candida albicans</I>発育阻止能が, 中心静脈栄養 (IVH) に用いられる高カロリー輸液によりどのように影響を受けるか検討した.ヒト好中球が, <I>C.albicans</I>の発育を阻止する<I>in vitro</I>実験系において, グルコース濃度を1~2%に高めることによって, ヒト好中球の抗<I>Candida</I>活性は強く抑制された.これに対して, 市販高カロリー輸液の添加により, グルコース濃度を上昇させても, ヒト好中球の抗<I>Candida</I>活性の低下は, ほとんど認められなかった.この中に含まれるグルコース拮抗物質について検討を行った結果, アミノ酸分画に有効成分が存在することが明らかになった.このアミノ酸分画には, dexamethasoneの好中球機能抑制をも緩和する効果が認められた.さらに再機構アミノ酸混液でも同様の結果が得られた.したがって, 高カロリー輸液にアミノ酸液が混入されているのは, 通常の栄養補充の目的以外にも, 好中球機能の保持という面でも有用であり, 適切な濃度のアミノ酸液を投与することが重要と考えられた.

Effects of. glucose and amino acid mixture prescribed for parenteral alimentation on atni-<I>Candida</I> activity of neutrophils were examined. Neutrophils obtained from peripheral blood of healthy humans inhibited the growth of <I>Candida albicans in vitro</I>. More than 1.0% of glucose inhibited the anti-<I>Candida</I> activity of the neutrophils in. dose-dependent manner. This glucose effect was reduced by the addition of an amino acid mixture clinically prescribed with. carbohydrate solution (PN-twin) in Japan. The amino acid mixture neutralized the suppression of anti-<I>Candida</I> activity of neutrophils by dexamethasone. These results suggest that an amino acid mixture prescribed in an alimentation solution may play. role as. neutralizer of the suppressive action of glucose for anti-<I>Candida</I> activity of neutrophils in. limitted area near the top of. catheter in. blood vessel.

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 70(5), 463-469, 1996-05-20

    The Japanese Association for Infectious Diseases

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008723074
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875911
  • NDL 記事登録ID
    3968185
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-193
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ