G-CSFの間欠投与が感染予防に有効であったと考えられる骨髄異形成症候群(RAEB)の1例 Prevention of Infections in a Case with Myelodysplastic Syndrome by an Intermittent Subcutaneous Administration of G-CSF

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 70(5), 506-511, 1996-05-20

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008723163
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03875911
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ