広島県におけるヒト免疫不全ウイルス(HIV-1)の分離とV3領域遺伝子の解析 Isolation and Analysis of Amino Acid Sequence of V3 Region of HIV-1 from Patients with HIV-Infection in Hiroshima

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

後天性免疫不全ウイルス (HIV) 感染者の血液検体について, 抗体検査と同時にウイルスの分離と末梢血単核球内プロウイルスのenv遺伝子V3領域の遺伝子配列を直接法により調べた.正常PHA-Blastとの混合培養で, 27検体のうち18検体 (Rapid/Highタイプ: 4検体, Slow/Lowタイプ: 12検体, その中間: 2検体) が分離陽性であった.臨床ステージCDC-IIの検体からは64%, CDC-IVの検体からは100%分離され, 全体の分離率は67%であった.潜伏期感染者の検体からのウイルス分離には, さらに方法の改善が必要と考えられた.末梢血単核球中のCD8陽性リンパ球のウイルス分離におよぼす影響を調べるため, 検体の末梢血単核球およびPHA.blastよりCD8陽性リンパ球を除去し, 種々の組み合わせによりウイルス分離を試みた.しかし, 分離効率に一定の影響はみられず, ウイルス分離に対するCD8陽性細胞の作用は不明であった.さらに, 異なる患者から得た6検体 (Rapid/Highタイプ2検体, Slow/Lowタイプ4検体) につき直接法によりenv遺伝子V3領域の遺伝子解析を行いアミノ酸配列を比較した.何れもHIV-1サブタイプBに属していたが, Rapid/HighタイプとSlow/LowタイプのV3領域のアミノ酸配列は3カ所で相違がみられ, 感染性との関連が考えられた.

Isolation of HIV-1 was tried in PBMCs separated from 27 blood samples which were sent to Hiroshima Prefectural Institute for Health & Environment Science for anti-HIV antibody-test. 18 samples were positive for HIV-isolation (4 samples were Rapid/High type, 12 samples were Slow/Low type and 2 samples were intermediate). Compared with clinical stages of patients, samples from patients in CDC-II were 64%(14/22) positive and those in CDC-IV were 100%(3/3) positive in HIV-isolation. Improvement of the methods is tobe required to isolate HIV from the samples of patient in the latent phase. Removal of CD8 positive cells from PBMCs of patients did not affect the efficiency of HIV-isolation by our methods. Three parts in amino acid sequence of V3 region in proviruses were different between Rapid/High type isolated and Slow/Low type isolates. The difference of amino acid may be related to the different phenotypes of the two viruses.

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 70(9), 931-937, 1996-09-20

    The Japanese Association for Infectious Diseases

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008723811
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875911
  • NDL 記事登録ID
    4048190
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-193
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ