疫学的マーカーとしてのMRSAのコアグラーゼ遣伝子のRFLP Restriction Fragment Length Polymorphism of Coagulase Gene of Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus Can Be Used as an Epidemiological Marker

この論文をさがす

著者

    • 飛田 正子 TOBITA Masako
    • 秋田大学医学部附属病院中央検査部 Central Clinical Laboratory and Department of Laboratory Medicine, Akita University School of Medicine, Akita
    • 浦山 修 URAYAMA Osamu
    • 秋田大学医学部臨床検査医学講座 Central Clinical Laboratory and Department of Laboratory Medicine, Akita University School of Medicine, Akita
    • 上杉 四郎 UESUGI Shiro
    • 秋田大学医学部臨床検査医学講座 Central Clinical Laboratory and Department of Laboratory Medicine, Akita University School of Medicine, Akita

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 69(4), 408-412, 1995-04-20

    日本感染症学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008725917
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875911
  • NDL 記事登録ID
    3618815
  • NDL 刊行物分類
    SC171(微生物学(医))
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-193
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ