メサコニチン(附子アルカロイド)の鎮痛作用 Analgegic Effect of Mesaconitine (Aconitine Alkaloid)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 池田 孔己 IKEDA Yoshiki
    • (株)ツムラ中央研究所疼痛研究所 Pain Research Laboratory, Central Research Laboratory, Tsumura & Co., Ibaragi, Japan
    • 尾山 力 OYAMA Tsutomu
    • (株)ツムラ中央研究所疼痛研究所 Pain Research Laboratory, Central Research Laboratory, Tsumura & Co., Ibaragi, Japan
    • 滝 昌則 TAKI Masanori
    • (株)ツムラ中央研究所疼痛研究所 Pain Research Laboratory, Central Research Laboratory, Tsumura & Co., Ibaragi, Japan
    • 鈴木 康之 SUZUKI Yasuyuki
    • (株)ツムラ中央研究所疼痛研究所 Pain Research Laboratory, Central Research Laboratory, Tsumura & Co., Ibaragi, Japan
    • 大宮 雄司 OMIYA Yuji
    • (株)ツムラ中央研究所疼痛研究所 Pain Research Laboratory, Central Research Laboratory, Tsumura & Co., Ibaragi, Japan
    • 孫 一唯 SON Yiuei
    • (株)ツムラ中央研究所疼痛研究所 Pain Research Laboratory, Central Research Laboratory, Tsumura & Co., Ibaragi, Japan

収録刊行物

  • Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌

    Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌 10(2), 99-104, 1995-07-31

    日本疼痛学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008729126
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10195934
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09158588
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ