カプサイシン誘発モルモット啼声反応に対するCP-96,345, MEN-10,376およびMK-801の脊髄クモ膜下腔内投与の影響 Effects of intrathecal CP-96,345,MEN-10,376 and MK-801 on capsaicin-evoked vocalization response in guinea pigs

この論文をさがす

著者

    • 安藤 隆一郎 ANDO R
    • 東北薬科大学・実験動物センター Center for Laboratory Animal Science, Tohoku College of Pharmacy
    • 川村 俊介 KAWAMURA S
    • 東北薬科大学・実験動物センター Center for Laboratory Animal Science, Tohoku College of Pharmacy
    • 櫻田 忍 SAKURADA S
    • 東北薬科大学・機能形態 Department of Physiology and Anatomy, Tohoku College of Pharmacy
    • 櫻田 司 SAKURADA T
    • 第一薬科大学・生化学 Department of Biochemistry, Daiichi College of Pharmaceutical Sciences

収録刊行物

  • Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌

    Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌 11(3), 45, 1996-12-07

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008730014
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10195934
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09158588
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ