炎症性および反復低温ストレス性痛覚過感受性状態におけるラット腰髄切片からのカプサイシン誘発グルタミン酸遊離の部位特異的増加 : 画像解析による検討 lmage analysis of region-specific increase in capsaicin-evoked release of glutamate from rat lumbar cord slices in inflammatory- and repeated cold stress-induced nociceptive hypersensitivity

この論文をさがす

著者

    • 東田 千尋 TOHDA Chihiro
    • 富山医科薬科大学和漢薬研究所薬効解析センター Anal. Res. Center for Ethnomedicines. Res. Inst. For Wakan-yaku, Toyama Med. & Pharm. Univ.

収録刊行物

  • Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌

    Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌 12(3), 3, 1997-12-06

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008730489
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10195934
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09158588
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ